イゴダカホデリ(Forksnout searobin)

Scientific Name / Lepidotrigla alata (Houttuyn)

イゴダカホデリの形態写真

体長20センチ前後になる。目が大きく、頭部も四角く大きい。胴から尾にかけては細く鱗が非常に硬い。胸鰭はカナガシラ類ではあまり大きくなく斑文がなく草色。
イゴダカホデリの生物写真一覧 (クリックで上に拡大表示)
体長20センチ前後になる。目が大きく、頭部も四角く大きい。胴から尾にかけては細く鱗が非常に硬い。胸鰭はカナガシラ類ではあまり大きくなく斑文がなく草色。胸鰭はカナガシラ類ではあまり大きくなく斑文がなく草色。
  • 魚貝の物知り度 食べ物としての重要度 味の評価度

    ★★★★★

    知っていたら学者級

    ★★

    地域的、嗜好品的なもの

    ★★★

    美味
    分類
    顎口上綱硬骨魚綱条鰭亜綱新鰭区棘鰭上目スズキ系スズキ目カサゴ亜目ホウボウ科カナガシラ属
    外国名
    Forksnout searobin
    学名
    Lepidotrigla alata (Houttuyn)
    漢字・学名由来
    漢字 伊吾高火照
    由来・語源 長崎でカナガシラ類を「ほでり」といい、鱗を「いご」という。「いご(鱗)」の高いカナガシラ類の意味。『図説有用魚類千種 正』(田中茂穂・阿部宗明 森北出版 1955年)
    以上参考にするとむしろ、「いご」は鱗だとすると、「だか」は「硬い」ではないか。またカナガシラを「ほでり」というのは「頬出り」かとも思うが、むしろ「火照(頬照)」だと思う。「火照(頬照)」とは熱っぽいこと、例えばお多福風邪などで頬を腫らした状態のこと。
    地方名・市場名 [?]
    生息域
    海水魚。南日本。〜南シナ海。
    水深60〜110メートルの砂泥地。
    生態
    基本情報
    主に九州などの底曳き網で揚がる小魚。
    西日本ではときに小売店などで並ぶが、関東などではほとんど見ない。
    鱗が硬く小型であるために安いようだ。
    水産基本情報
    市場での評価 関東の市場ではまず見かけない。主に西日本でみるもの。小魚で鱗が硬いので安い。
    漁法 底曳き網
    産地
    選び方
    赤い色合いが鮮やかなもの。古くなると色があせてくる。
    味わい
    旬は秋から春
    鱗が非常に硬く取りにくい。
    体長20センチほどの小魚なので塩焼きにする場合はそのまま。
    煮つけなら、鱗はそのまま熱湯をかけてこそげ落とすなどで工夫してもよい。
    白身で鮮度がよいと透明感がある。熱を通すとしまる。
    とてもうまいだしが出る。
    栄養
    寄生虫
    食べ方・料理法・作り方
    調理法
    煮る(煮つけ)、焼く(塩焼き)、揚げる(唐揚げ)、生食(刺身、セビッチェ)
    イゴダカホデリの煮つけ煮つけ
    鱗はとっても取りきれないので、熱湯に通して手でこそげ落とす。これを甘辛く煮つけると身が締まり、調味料以上の甘みを感じる。
    イゴダカホデリの塩焼き塩焼き
    鱗は場合によってはそのままでもよい。振り塩をして少し置き、こんがり焼き上げる。身はしまり、ほどよく繊維質なので身離れがいい。非常にうまい。
    イゴダカホデリの唐揚げ唐揚げ
    水洗いして鱗はそのままに揚げる。実に香ばしく、中はしっとりと甘みがある。
    イゴダカホデリの刺身刺身
    白身で上品ではあるが、歩留まりが悪く、あえて刺身で食べることもない。
    好んで食べる地域・名物料理
    加工品・名産品
    釣り情報
    歴史・ことわざ・雑学など
    金にあやかる 長崎市茂木では「節分にカナガシラ(イゴダカホデリを含む)を食べると金持ちになる」という言い伝えがあり、節分にカナガシラはなくてはならない一皿だという。また長崎県でも「金にあやかる」として節分に「かながしら(イゴダカホデリでもよい)の煮つけ」を食べる。他には「笹いか(ケンサキイカ)」を巾着袋(これも財布などお金がたまるという意味合い)丸のまま煮るか、約化する。「赤大根の酢のもの」。『長崎の郷土料理』(井上寿子・片寄真木子 長崎出版文化協会 1982)
    参考文献・協力
    協力/石田拓治さん(長崎県長崎市)
    『図説有用魚類千種 正続』(田中茂穂・阿部宗明 森北出版 1955年、1957年)、『日本産魚類検索 全種の同定 第二版』(中坊徹次編 東海大学出版会)
  • 主食材として「イゴダカホデリ」を使用したレシピ一覧

関連コンテンツ