ミナミホウボウ(Red Gurnard)

Scientific Name / Chelidonichthys kumu (Cuvier, 1829)

ミナミホウボウの形態写真

体長50cm前後になる。

    • 魚貝の物知り度

      ★★★★★
      知っていたら学者級
    • 食べ物としての重要度

      ★★
      地域的、嗜好品的なもの
    • 味の評価度

      ★★★★
      非常に美味

    分類

    硬骨魚綱条鰭亜綱新鰭区棘鰭上目スズキ系スズキ目カサゴ亜目ホウボウ科ホウボウ属

    外国名

    Red Gurnard

    学名

    Chelidonichthys kumu (Cuvier, 1829)

    漢字・学名由来

    漢字 南魴鮄、南竹麦魚
    由来・語源 南半球にいるホウボウの意味。
    Cuvier
    バロン・ジョルジュ・レオポルド・クレティアン・フレデリック・ダゴベール・キュヴィエ(Baron Georges Léopold Chrétien Frédéric Dagobert Cuvier 1769-1832) スエーデンのリンネ、フランスのビュフォンの分類体系に解剖学や古生物学などを加味して現在の形の礎を作った巨人のひとり。

    地方名・市場名

    生息域

    オーストラリア南岸、ニュージーランド。

    生態

    基本情報

    水産基本情報

    選び方

    味わい

    栄養

    寄生虫

    食べ方・料理法・作り方 (基本はオススメ順掲載です)

    好んで食べる地域・名物料理

    加工品・名産品

    釣り情報

    歴史・ことわざ・雑学など

    参考文献・協力

  • 主食材として「ミナミホウボウ」を使用したレシピ一覧

関連コンテンツ