オニソコホウボウ(Spotted longhorn searobin)

Scientific Name / Pterygotrigla multiocellata (Matsubara.1937)

オニソコホウボウの形態写真

30センチ前後になる。一見ホウボウに見えるが、背の棘が発達し、吻棘(上顎から飛び出す棘)が長い。
オニソコホウボウの生物写真一覧 (クリックで上に拡大表示)
30センチ前後になる。一見ホウボウに見えるが、背の棘が発達し、吻棘(上顎から飛び出す棘)が長い。
  • 魚貝の物知り度 食べ物としての重要度 味の評価度

    ★★★★★

    知っていたら学者級

    ★★

    地域的、嗜好品的なもの

    ★★★

    美味
    分類
    顎口上綱硬骨魚綱条鰭亜綱新鰭区棘鰭上目スズキ系スズキ目カサゴ亜目ホウボウ科ソコホウボウ属
    外国名
    Spotted longhorn searobin
    学名
    Pterygotrigla multiocellata (Matsubara.1937)
    漢字・学名由来
    漢字 鬼底竹麦魚、鬼底魴鮄
    地方名・市場名 [?]
    ホウボウ
    備考単に。 場所静岡県沼津市周辺 
    生息域
    海水魚。南日本、東シナ海、南シナ海。
    水深220メートルから350メートルの砂泥地。
    生態
    一見ホウボウに見えるが、背の棘が発達し、吻棘(上顎から飛び出す棘)が長い。
    基本情報
    水揚げの少ないソコホウボウのなかでも、希少なもの。
    水産基本情報
    底曳網であがるもの。産地でのみ流通。
    選び方
    味わい
    白身でやや血合いの色合いが強い。
    刺身にして美味。
    旨味があるので塩焼き、煮つけなどにも向いている。
    鍋物材料、ブイヤベースなどにもいい。
    栄養
    寄生虫
    食べ方・料理法・作り方
    刺身/鍋(ブイヤベース)/
    塩焼き(干物)/ポワレ/煮つけ他
    好んで食べる地域・名物料理
    加工品・名産品
    釣り情報
    歴史・ことわざ・雑学など
    参考文献・協力
    『日本産魚類検索 全種の同定 第二版』(中坊徹次編 東海大学出版会)
  • 主食材として「オニソコホウボウ」を使用したレシピ一覧

関連コンテンツ