ハナナガソコホウボウ(Longnose gurnard)

Scientific Name / Pterygotrigla macrorhynchus Kamohara, 1936

ハナナガソコホウボウの形態写真

SL 20cm前後になる。体高の割りに左右側へんする。第2背鰭基底分には骨質板がない。吻棘は非常に長い(写真では吻棘が短いが破損)。
ハナナガソコホウボウの生物写真一覧 (クリックで上に拡大表示)
SL 20cm前後になる。体高の割りに左右側へんする。第2背鰭基底分には骨質板がない。吻棘は非常に長い(写真では吻棘が短いが破損)。SL 20cm前後になる。体高の割りに左右側へんする。第2背鰭基底分には骨質板がない。吻棘は非常に長い(写真では吻棘が短いが破損)。
  • 魚貝の物知り度 食べ物としての重要度 味の評価度

    ★★★★★

    知っていたら学者級

    分類
    硬骨魚綱条鰭亜綱新鰭区刺鰭上目スズキ系スズキ目カサゴ亜目ホウボウ科ソコホウボウ属
    外国名
    Longnose gurnard
    学名
    Pterygotrigla macrorhynchus Kamohara, 1936
    漢字・学名由来
    漢字/
    蒲原稔治
    Toshiji Kamohara(1901-1972 高知県生まれ。高知大学)。魚類学者。52種の新種を記載。日本初記録種209種を報告。
    地方名・市場名 [?]
    生息域
    海水魚。水深150-200mの貝殻混じりの砂底。
    駿河湾、熊野灘、土佐湾、東シナ海中部以南の大陸棚縁辺域。
    台湾南部、中国東シナ海沿岸、フィリピン諸島、オーストラリア北東部・北西部、アンダマン海、マダガスカル島、モザンビーク海峡。
    生態
    基本情報
    底曳き網などでとれる魚だが、非常に珍しい。写真のものは駿河湾で初めて見つかったもの。吻棘が取れてしまっているのが残念である。
    水産基本情報
    選び方
    味わい
    栄養
    寄生虫
    食べ方・料理法・作り方
    好んで食べる地域・名物料理
    加工品・名産品
    釣り情報
    歴史・ことわざ・雑学など
    参考文献・協力
    同定/瀬能宏さん(神奈川県立生命の星・地球博物館)
    『日本産魚類検索 全種の同定 第三版』(中坊徹次編 東海大学出版会)
  • 主食材として「ハナナガソコホウボウ」を使用したレシピ一覧

関連コンテンツ