イガグリガニ

Scientific Name / Paralomis hystrix (De Haan, 1844)

イガグリガニの形態写真

甲長16cm前後。全体にボール型。甲羅、足ともに強い棘に被われる。
イガグリガニの生物写真一覧 (クリックで上に拡大表示)
甲長16cm前後。全体にボール型。甲羅、足ともに強い棘に被われる。甲長16cm前後。全体にボール型。甲羅、足ともに強い棘に被われる。鉗脚は2対、歩脚は4対で最後は甲羅下にかくれている。
    • 魚貝の物知り度

      ★★★★★
      知っていたら学者級
    • 食べ物としての重要度

      ★★
      地域的、嗜好品的なもの
    • 味の評価度

      ★★★
      美味

    分類

    節足動物門甲殻上綱軟甲綱(エビ綱)真軟綱亜綱(エビ亜綱)エビ上目十脚目異尾下目タラバガニ科エゾイバラガニ属

    外国名

    学名

    Paralomis hystrix (De Haan, 1844)

    漢字・学名由来

    漢字 毬栗蟹
    由来・語源 姿形が毬栗(いがぐり)に似ているため。
    De Haan
    Wilhem de Haan (ウィレム・デ・ハーン 1801-1855 オランダ)。ライデン王立自然史博物館。シーボルトが日本から持ち帰った標本、特に甲殻類を研究。『日本動物誌』(Fauna Japonica)をテミンク、シュレーゲルとともに編む。日本に生息する甲殻類の多くを記載している。

    地方名・市場名

    生息域

    海水生。水深180メートル〜400メートル。
    東京湾、相模湾、駿河湾、遠州灘、熊野灘、南紀、薩南海域、天草灘。

    生態

    放卵期は11月〜12月。

    基本情報

    底曳き網や底刺し網に混ざるもの。非常に棘が強く素手で持つと痛い。底曳きでもあまりまとまってとれないので、あまり利用されていない。
    とれるときには2匹オスメスでとれることがあるようで、市場にも2個体が寄り添っていることが多い。

    水産基本情報

    市場での評価 希に入荷する。安い。
    漁法 刺し網、底曳き網
    産地 千葉県、静岡県、三重県

    選び方

    原則的に生きているもの。持って重みを感じるもの。

    味わい

    旬は不明
    全身棘だらけで殻はやや硬め。
    身はあまり詰まっていない。
    熱を通しても赤くならない。

    栄養

    寄生虫

    食べ方・料理法・作り方 (基本はオススメ順掲載です)

    イガグリガニの料理法/ゆでる(塩ゆで)、蒸す

    イガグリガニの塩ゆで 基本的にはゆでるだ。泥などを付着させているのでていねいに洗い流す。これを塩水で煮る。雌の内子は絶品。足にはほとんど筋肉がなく。甲羅下についている。これがほどよく繊維質で口の中でほぐれて甘い。

    好んで食べる地域・名物料理

    加工品・名産品

    釣り情報

    歴史・ことわざ・雑学など

    参考文献・協力

    『相模湾産深海性蟹類』(葉山しおさい博物館)
  • 主食材として「イガグリガニ」を使用したレシピ一覧

関連コンテンツ