このページは旧ページです。新ページをご利用下さい。
市場魚貝類図鑑では現在新ページへの移行を行っております。
既に一部のページを除き、新ページの方が内容が充実しております。新ページも合わせてご利用下さい。
新ページ「イガグリガニ」はこちら >>
十脚目異尾下目タラバガニ科エゾイバラガニ属 イガグリガニ Paralomis hystrix (De Haan, 1844)
他のタラバガニ科へはここから!

魚貝類の物知り度
★これを知っていたら学者 ★★これを知っていたら達人 ★★★これを知っていたら通 ★★★★これは常識 ★★★★★これ知ってなきゃハジ
●本サイトの無断転載、使用を禁止する
魚貝の物知り度/★★
■刺が鋭く硬いので食べづらくて、そのせいかあまり食用としない
漢字◆「毬栗蟹」
呼び名・方言◆調べているところ
食べ方◆
蒸す/茹でる
大きさ◆ 甲長15センチ前後になる
生息域◆東京湾以南のやや深海。

 比較的小型のタラバガニの仲間で底引き網などで混獲される。とれるときには2匹オスメスでとれることがあるようで、このカニ夫婦仲がよろしいよう。
(画像上)オス。(画像下)メス。
■蒸したり、茹でて食べると味はよい。味はよいのだけれど、難点は全身に生えている鋭い刺。この痛みを堪えながら味わうのがなんだか面倒でもある。
寿司に関しては寿司図鑑へ!
●静岡県沼津市 底引き網
→イガグリガニの殻を外していくと、毬(いが)の棘の部分にも身が細く入り組んでいるのがわかる


関連コンテンツ

サイト内検索

目次