コラム「尾鷲、魚のじふ」

三重県尾鷲市で作られている魚のすき焼き


尾鷲市周辺で作られている魚のすき焼きで、魚はなんでもいいという。味も魚以外の具も家々で違っている。
比較的使われる頻度の高い魚は、マサバ、ゴマサバ、サンマ、マンボウ、ブダイ、マダイ、ブリ、サワラなど。
「じふ」という音が不思議だ。「じ」と言えば金沢の「じぶ煮」がある。要するに「じぶじぶ」ではなく「じふじふ」煮て食べるという意味かも知れない。
このような地域性の高い言語はなんとしてでも残して置きたい。尾鷲で「魚すき」ならぬ、「魚じふ」を食べたい。
写真は「さばのじふ」。材料はマサバ、白菜などの野菜、汁は酒・砂糖・醤油・水。焼き豆腐、糸こんにゃくなどがあるとより美味。
同様のものが大阪では「魚すき」、島根では「へかやき」、「煮食い」という。魚貝類のすき焼きは地域での呼び名を大切にして頂きたい。
協力/岩田昭人さん(三重県尾鷲市)


関連コンテンツ



サイト内検索

その他コンテンツ

ぼうずコンニャク関連サイト