ヨシノゴチ(Bartail flathead)

Scientific Name / Platycephalus sp.1

代表的な呼び名シロゴチ

ヨシノゴチの形態写真

全体に茶系で黒くない。コチと比べると目が大きい。
ヨシノゴチの生物写真一覧 (クリックで上に拡大表示)
全体に茶系で黒くない。コチと比べると目が大きい。
  • 魚貝の物知り度 食べ物としての重要度 味の評価度

    ★★★★★

    知っていたら学者級

    ★★

    地域的、嗜好品的なもの

    ★★★

    美味
    分類
    顎口上綱硬骨魚綱条鰭亜綱新鰭区刺鰭上目スズキ系スズキ目カサゴ亜目コチ科コチ属
    外国名
    Bartail flathead
    学名
    Platycephalus sp.1
    漢字・学名由来
    漢字 吉野鯒(?)
    由来・語源 不明
    コチについて
    漢字
    ■ 「鯒」は敵に遭うと飛び跳ねるように逃げる。この様を「踊る」として文字を作った。
    ■ 「牛尾魚」とも書く。牛の尾の形なので。
    由来・語源
    ■ 大言海に“笏(こつ)”に似ているため。“笏(こつ)”は衣冠束帯(貴族の正装)のとき右手にもっていた細長い木の板。字音が“骨”に似ているため「しゃく」と読ませるようになった。
    ■ 「こち」は「こつ」で頭を表す方言。
    ■ 「こち」は「骨」で骨っぽいことから。
    地方名・市場名 [?]
    シロゴチ
    備考別名。これはコチをクロゴチというのに対して、やや色合いが薄いため。 
    生息域
    海水魚。南日本。黄海。
    生態
    基本情報
    関東ではマゴチと区別されない。
    ただし値段はやや安めとなっているのは、見た目がどこかにぶいためだと思われる。
    水産基本情報
    市場での評価 関東ではまったく知られていない。コチと混同している。
    漁法
    主な産地 大分県などからくるコチに混ざって入荷してくる。
    選び方
    味わい
    旬は春から夏
    コチ同様にくせのない白身。
    やや水っぽくて旨みが少ない。
    栄養
    寄生虫
    食べ方・料理法・作り方
    調理法
    塩焼き、刺身、煮つけ、かけ飯
    塩焼きにするとうまい。
    軽く干して焼くのもいい。
    煮つけにしても美味。
    刺身はちょっと平凡な味わい。
    また岡山県などで作られる、かけ飯は、ゆでて、身をほぐす。
    このゆで汁にみりん、酒、醤油などで味つけして、ゴボウ、ニンジンなどを煮て、もう一度ほぐした身と合わせて、ご飯にかける。
    長崎風天ぷらは泡たてた卵白で衣を作り、揚げたもの。
    フリッターにあたるものだが、非常においしい。
    他には唐揚げ。
    好んで食べる地域・名物料理
    加工品・名産品
    釣り情報
    歴史・ことわざ・雑学など
    参考文献・協力
    『図説有用魚類千種 正続』(田中茂穂・阿部宗明 森北出版 1955年、1957年)、『日本産魚類検索 全種の同定 第二版』(中坊徹次編 東海大学出版会)
  • 主食材として「ヨシノゴチ」を使用したレシピ一覧

関連コンテンツ