このページは旧ページです。新ページをご利用下さい。
市場魚貝類図鑑では現在新ページへの移行を行っております。
既に一部のページを除き、新ページの方が内容が充実しております。新ページも合わせてご利用下さい。
新ページ「ヨシノゴチ」はこちら >>
カサゴ目コチ科コチ属 ヨシノゴチ(シロゴチ)
Platycephalus sp.1
コチ科の他の魚へはここから
魚類軟骨魚類円口類(サメ・エイ・ヤツメウナギ等)魚類スズキ目以外の目次魚類カサゴ目の目次
スズキ目スズキ亜目次スズキ目スズキ亜目以外目次カレイ目・フグ目の目次輸入魚の目次魚類索引魚貝類の方言・呼び名
魚貝類の物知り度
★これを知っていたら学者 ★★これを知っていたら達人 ★★★これを知っていたら通 ★★★★これは常識 ★★★★★これ知ってなきゃハジ
●本サイトの無断転載、使用を禁止する
魚貝の物知り度/★★★
■年間を通じて入荷は多いが、初夏から秋が多い。旬も初夏
刺身/煮つけ/椀もの/天ぷら
 南日本。
 コチ属の2種あるというのは『日本産 魚類検索』にある。そのひとつであるヨシノゴチ(sp.1)はやや色合いが薄く褐色の斑紋が散らばる。また下あごがややとがって見える。これがなかなか見つからない。それが2006年1月となって山口県下関市からコチ、ヨシノゴチ混ざりで続けて入荷してきた。市場でもヨシノゴチ(シロゴチ)はあまり見つけられない。種としてはまだ登録されていない。
比較のためにマゴチのページへ

■マゴチと一緒に入荷してきたものと思われるが気がつかなかった。マゴチ同様刺身、塩焼き、煮つけなどに使える
寿司に関しては寿司図鑑へ!
身体全体に黒(褐色)の斑紋。口はややとがっている。ここがコチとの違い



関連コンテンツ

サイト内検索

目次