ハナツメタ

Scientific Name / Glossaulax reiniana (Dunker,1877)

ハナツメタの形態写真

ツメタガイよりも小振り。

  • 魚貝の物知り度 食べ物としての重要度 味の評価度

    ★★★★

    知っていたら達人級

    ★★

    地域的、嗜好品的なもの

    ★★★★

    非常に美味
    分類
    動物界軟体動物門腹足綱前鰓亜綱中腹足目(盤足目)タマガイ超科タマガイ科トミガイ亜科ツメタガイ属
    外国名
    学名
    Glossaulax reiniana (Dunker,1877)
    漢字・学名由来
    漢字 花津免多貝、花砑螺貝
    由来・語源 『目八譜』より。
    地方名・市場名 [?]
    タヌキ
    生息域
    海水生。水深10メートル〜50メートルの細砂地。
    房総半島、男鹿半島以南、九州、東シナ海。
    生態
    基本情報
    瀬戸内海周辺などで普通に見られる小型の巻き貝。
    生きたまま売られていて、軟体が大きいので貝殻を多い、一見なにかわからない。
    非常に味が良く、軟らかいので人気がある。
    水産基本情報
    市場での評価 西日本に多い。比較的安い。
    漁法 底曳き網
    産地 岡山県、山口県、香川県
    選び方
    原則的に生きているもの。
    味わい
    旬は春だと思われる。
    貝殻は硬く、フタが軟らかく大きい。
    身は取り出しやすい。
    栄養
    寄生虫
    食べ方・料理法・作り方
    調理法 煮る、ゆでる(酢みそ和え)、炒める、みそ汁、天ぷら
    基本的にゆでて使う。
    煮る◆そのまま酒、しょうゆで煮る。火を通してもあまり硬くなりすぎない。
    ゆでる◆酢みそで和える。酢のものにも利用できる。
    炒める◆ゆでて身を取り出して、しょうゆ味で炒り上げる。
    みそ汁◆ゆでて取り出した身をみそ汁にしてみた。ややうま味が足りないので半量カツオ節だしを使った。シコシコして非常に美味。
    天ぷら◆揚げてもあまり硬くならない。うまいかき揚げができる。
    殻高がある。
    一番簡単な煮もの。
    ゆでて殻から取り出して酢みそで和える。
    好んで食べる地域・名物料理
    加工品・名産品
    釣り情報
    歴史・ことわざ・雑学など
    参考文献・協力
    『日本近海産貝類図鑑』(奥谷喬司編著 東海大学出版局)、『日本及び周辺地域産軟体動物総目録』(肥後俊一、後藤芳央 エル貝類出版局)
  • 主食材として「ハナツメタ」を使用したレシピ一覧

関連コンテンツ