エゾタマガイ

Scientific Name / Cryptonatica andoi (Nomura,1935)

エゾタマガイの形態写真

殻高4センチ前後になる。

  • 魚貝の物知り度 食べ物としての重要度 味の評価度

    ★★★★★

    知っていたら学者級

    ★★

    地域的、嗜好品的なもの

    ★★★

    美味
    分類
    動物界軟体動物門腹足綱前鰓亜綱中腹足目(盤足目)タマガイ超科タマガイ科タマガイ亜科ハイイロタマガイ属
    外国名
    学名
    Cryptonatica andoi (Nomura,1935)
    漢字・学名由来
    漢字 蝦夷玉貝
    由来・語源 岩川友太郎の命名。模式産地が東京湾であり、由来などは不明。
    地方名・市場名 [?]
    生息域
    海水生。水深10〜50メートルの砂泥地(もっと浅いと思う)。
    北海道南部以南から、瀬戸内海、九州。朝鮮半島南部。
    生態
    基本情報
    日本各地で見かけるがまとまって取れないためか流通上は見ていない
    水産基本情報
    市場での評価 流通しない。
    漁法
    産地 静岡県
    選び方
    原則的に生きているもの。軟体がよく動くものがいい。
    味わい
    旬は春だと思う。
    貝殻は硬く厚みがある。
    軟体(足)は熱を通すと硬くなるが、ツメタガイほどではない。
    栄養
    寄生虫
    食べ方・料理法・作り方
    料理法 煮る(ゆでる、煮つけ)
    煮る◆薄い塩水でじっくりとゆでてから食べるのが基本。しょうゆ味で煮ても美味しいが硬くなりやすい。
    煮る◆薄い塩水でじっくりとゆでてから食べるのが基本。しょうゆ味で煮ても美味しいが硬くなりやすい。
    好んで食べる地域・名物料理
    加工品・名産品
    釣り情報
    歴史・ことわざ・雑学など
    参考文献・協力
    『日本近海産貝類図鑑』(奥谷喬司編著 東海大学出版局)、『日本及び周辺地域産軟体動物総目録』(肥後俊一、後藤芳央 エル貝類出版局)
  • 主食材として「エゾタマガイ」を使用したレシピ一覧

関連コンテンツ