ヌノメリスガイ

Scientific Name / Mammilla mammata   (Röding, 1798)   

ヌノメリスガイの形態写真

殻長30mm前後になる。

    • 魚貝の物知り度

      ★★★★★
      知っていたら学者級
    • 食べ物としての重要度


      食用として認知されていない
    • 味の評価度

      ★★★★
      非常に美味

    分類

    動物界軟体動物門腹足綱前鰓亜綱中腹足目(盤足目)タマガイ超科タマガイ科トミガイ亜科リスガイ属

    外国名

    学名

    Mammilla mammata   (Röding, 1798)   

    漢字・学名由来

    漢字 布目栗鼠貝(nunomerisugai)
    由来・語源 平瀬與一郎の命名。『目八譜』にある「栗鼠貝(りすがい)」に似て布目上の螺溝(らこう)がある。

    地方名・市場名

    生息域

    房総半島以南。水深10-50m。
    インド・西太平洋。

    生態

    基本情報

    底曳き網などで混獲されるもの。
    味はいいのだが利用されていない。

    水産基本情報

    市場での評価 流通しない。
    漁法 底曳き網
    産地

    選び方

    味わい

    旬は不明
    貝殻は硬く強い。軟体は大きく熱を通してもあまり硬くはならない。

    栄養

    寄生虫

    食べ方・料理法・作り方 (基本はオススメ順掲載です)

    料理法
    煮る
    煮る しょうゆ味で煮ると硬くならず、甘味があって美味しい。
    軟体が大きく味がいい。

    好んで食べる地域・名物料理

    加工品・名産品

    釣り情報

    歴史・ことわざ・雑学など

    参考文献・協力

    協力/永野昌枝さん、廣さん(高知県高知市)
    『日本近海産貝類図鑑』(奥谷喬司編著 東海大学出版局)、『日本及び周辺地域産軟体動物総目録』(肥後俊一、後藤芳央 エル貝類出版局)
  • 主食材として「ヌノメリスガイ」を使用したレシピ一覧

関連コンテンツ