トラカマス

Scientific Name / Sphyraena jello Cuvier, 1829

代表的な呼び名オニカマス

トラカマスの形態写真

1.5m TL 前後になる。背鰭・臀鰭などは暗色、尾鰭は黄色みを帯び、下葉の方が黄色は強い。

    • 魚貝の物知り度

      ★★★★★
      知っていたら学者級
    • 食べ物としての重要度

      🤚
      食用不可
    • 味の評価度

      🤚
      食用不可

    分類

    硬骨魚類条鰭亜綱新鰭区棘鰭上目スズキ系スズキ目サバ亜目カマス科カマス属

    外国名

    Pickhandle barracuda
    言語英語 

    学名

    Sphyraena jello Cuvier, 1829

    漢字・学名由来

    漢字/虎魳 Torakamasu
    由来・語源/体の横縞がトラの模様を想起させるため。
    Cuvier
    バロン・ジョルジュ・レオポルド・クレティアン・フレデリック・ダゴベール・キュヴィエ(Baron Georges Léopold Chrétien Frédéric Dagobert Cuvier 1769-1832) スエーデンのリンネ、フランスのビュフォンの分類体系に解剖学や古生物学などを加味して現在の形の礎を作った巨人のひとり。
    Valenciennes
    アシル・バランシエンヌ(Achille Valencienne 1794-1865)はフランスの動物学者。ジョルジュ・キュビエとともに『魚類の自然誌』を刊行。国内で水揚げされる多くの魚を記載。

    地方名・市場名

    生息域

    海水魚。
    萩市椿東越ケ浜沖、宮崎県串間・門川湾、鹿児島県南さつま市笠沙・内之浦湾、琉球列島、西太平洋、インド洋、アフリカ南沿岸、紅海。

    生態

    基本情報

    オニカマスと混同されやすい魚である。当然、本種もシガテラ属を持つ可能性がある。オニカマスと混同されてきた可能性が非常に高いのはいずれも1m前後になる大型種で、本種、タツカマス、ヤシャカマス、オオカマス、そしてオニカマスの5種だ。当然、本種もシガテラ毒を持つ可能性がある。

    水産基本情報

    選び方

    味わい

    栄養

    危険性など

    シガテラ毒を持つ魚のひとつ。地域によっては注意が必要。別名「毒かます」。

    食べ方・料理法・作り方 (基本はオススメ順掲載です)

    好んで食べる地域・名物料理

    加工品・名産品

    釣り情報

    歴史・ことわざ・雑学など

    参考文献・協力

    協力/伊東正英さん(鹿児島県南さつま市笠沙)、和田英敏さん(神奈川県立生命の星 地球博物館)
    『証拠標本および画像に基づく山口県日本海産魚類目録』鹿児島大学総合研究博物館研
  • 主食材として「トラカマス」を使用したレシピ一覧

関連コンテンツ