カタノリ

Scientific Name / Grateloupia divaricata Okamura 1895

カタノリの形態写真

幅1-2mm、長さ30cmほどになる。枝、幹はやや平たく、枝は先端で広く分かれる。

    • 物知り度

      ★★★★★
      知っていたら学者級
    • 食べ物としての重要度

      ★★
      地域的、嗜好品的なもの
    • 味の評価度

      ★★★
      美味

    分類

    植物界紅藻植物門紅藻綱マサゴシバリ亜綱イソノハナ目ムカデノリ科ムカデノリ属

    外国名

    学名

    Grateloupia divaricata Okamura 1895

    漢字・学名由来

    漢字/堅海苔、堅苔
    由来・語源/藻体が堅いから。

    地方名・市場名

    生息域

    海水生。潮間帯の岩上。
    北海道太平洋沿岸北部、日本海。
    朝鮮半島。

    生態

    基本情報

    食用としている地域は新潟県以外には知らない。写真は上越市の片岡鮮魚店から送ってもらったおのだが、新潟県でも「かたのり」と呼ぶ。これは標準和名が新潟県の呼び名からとったものかも。
    少し長めにゆでないと硬い。食べるよりも、ヒジキのように炒め煮にしたほうが味がいい。
    ヒジキがとれない新潟県でとって代わる海藻だと思う。

    水産基本情報

    市場での評価/新潟県では少ないながら流通する。
    漁法/採取
    産地/新潟県

    選び方

    触ってねばりなどがないもの。藻体がとけて赤い汁の出ていないもの。

    味わい

    旬は春だと思う。
    藻体はほそくヒモ状で硬い。ゆでてもすぐに柔らかくならない。
    油との相性がいい。

    栄養

    寄生虫

    食べ方・料理法・作り方 (基本はオススメ順掲載です)

    <
    炒め煮、ゆでる、汁(みそ汁、吸もの)
    カタノリの炒め煮カタノリの炒め煮 よく水洗いしたカタノリを適宜に刻む。太白ごま油(サラダ油、煎ったごま油でもいい)で炒めて、油揚げ、にんじん、ごぼうなどを加えてしょうゆ、酒、砂糖で味つけする。硬めなのだしを使ってもいい。
    ゆでカタノリゆでカタノリ カタノリは水洗いして数分ゆでておか上げする(ざるなどに上げる)。放冷して適宜に刻みポン酢などをかけて食べる。

    好んで食べる地域・名物料理

    加工品・名産品

    釣り情報

    歴史・ことわざ・雑学など

    参考文献・協力

    協力/片岡鮮魚店(新潟県上越市)
    『標準原色図鑑 海藻』(千原光雄 保育社)
  • 主食材として「カタノリ」を使用したレシピ一覧

関連コンテンツ