イボテモドキ

Scientific Name / Actumnus forficigerus(Stimpson,1858)

イボテモドキの形態写真

甲長1.5cm前後になる。

    • 魚貝の物知り度

      ★★★★★
      知っていたら学者級
    • 食べ物としての重要度


    • 味の評価度


    分類

    節足動物門甲殻上綱軟甲綱(エビ綱)真軟綱亜綱(エビ亜綱)エビ上目十脚目短尾下目オウギガニ上科オウギガニ科イボテガニ属

    外国名

    学名

    Actumnus forficigerus(Stimpson,1858)

    漢字・学名由来

    漢字 疣手蟹
    由来・語源 イボテガニに似て別種の意味。「疣手」は手(ハサミ脚)に疣状の突起があるため。
    Stimpson
    William Stimpson(ウイリアム・スティンプソン 1832-1872 アメリカ)。動物分類学・海洋生物学。スナガニ、ババガゼ、サルエビなど。「stimpsoni 」は献名されたもの。

    地方名・市場名

    生息域

    海水生。浅場に生息。
    日本近海に固有で、鳥取県、相模湾から九州。

    生態

    基本情報

    水産基本情報

    選び方

    味わい

    栄養

    寄生虫

    食べ方・料理法・作り方 (基本はオススメ順掲載です)

    好んで食べる地域・名物料理

    加工品・名産品

    釣り情報

    歴史・ことわざ・雑学など

    参考文献・協力

    協力/永野廣さん、昌枝さん(高知県高知市) 駒井智幸さん
    『原色日本大型甲殻類図鑑』(三宅貞祥 保育社)
  • 主食材として「イボテモドキ」を使用したレシピ一覧

関連コンテンツ