アシナガケブカガニ

Scientific Name / Pilumnus longicornis Hilgendorf, 1878

アシナガケブカガニの形態写真

甲幅20mm前後になる。

    • 魚貝の物知り度

      ★★★★★
      知っていたら学者級
    • 食べ物としての重要度


      食用として認知されていない
    • 味の評価度


    分類

    節足動物門甲殻上綱軟甲綱(エビ綱)真軟綱亜綱(エビ亜綱)エビ上目十脚目短尾下目オウギガニ上科オウギガニ科ケブカガニ属

    外国名

    学名

    Pilumnus longicornis Hilgendorf, 1878

    漢字・学名由来

    漢字/脚長毛深蟹
    Hilgendorf
    Franz Martin Hilgendorf(フランツ・ヒルゲンドルフ 1839-1904 ドイツ)。動物学者。お雇い外国人教師として来日。第一大学区医学校で日本で初めて博物学の講義を行う。魚類の採取を積極的に行い。魚河岸や江ノ島に通い。函館など日本各地を旅行した。

    地方名・市場名

    生息域

    海水生。浅い岩礁域。
    相模湾以南。

    生態

    基本情報

    サザエやイセエビの刺し網などにかかるもので、食用ではない。

    水産基本情報

    選び方

    味わい

    栄養

    寄生虫

    食べ方・料理法・作り方 (基本はオススメ順掲載です)

    好んで食べる地域・名物料理

    加工品・名産品

    釣り情報

    歴史・ことわざ・雑学など

    参考文献・協力

    同定/千葉県立中央博物館 駒井智幸 協力/永野廣さん・昌枝さん(高知県高知市)
    『原色日本大型甲殻類図鑑』(三宅貞祥 保育社)
  • 主食材として「アシナガケブカガニ」を使用したレシピ一覧

関連コンテンツ