イヌノシタ

Scientific Name / Cynoglossus robustus Günther, 1873

代表的な呼び名アカシタビラメ

イヌノシタの形態写真

全長40cm前後になる。イヌノシタ属は眼のない方には有孔測線がない。眼のある表には測線が2本(腹側の縁には測線がない)。全体に赤みがあり、やや吻(先端)が尖っている。ウロコがはがれやすい
イヌノシタの生物写真一覧 (クリックで上に拡大表示)
全長40cm前後になる。イヌノシタ属は眼のない方には有孔測線がない。眼のある表には測線が2本(腹側の縁には測線がない)。全体に赤みがあり、やや吻(先端)が尖っている。ウロコがはがれやすい全長40cm前後になる。イヌノシタ属は眼のない方には有孔測線がない。眼のある表には測線が2本(腹側の縁には測線がない)。全体に赤みがあり、やや吻(先端)が尖っている。ウロコがはがれやすい眼のある表には測線が2本(腹側の縁には測線がない)。イヌノシタはやや吻(先端)が尖っている。ウロコがはがれやすい
    • 魚貝の物知り度

      ★★★★
      知っていたら達人級
    • 食べ物としての重要度

      ★★★
      一般的(流通量は普通)
    • 味の評価度

      ★★★★
      非常に美味

    分類

    顎口上綱硬骨魚綱条鰭亜綱新鰭区棘鰭上目スズキ系カレイ目ウシノシタ亜目ウシノシタ科イヌノシタ属

    外国名

    学名

    Cynoglossus robustus Günther, 1873

    漢字・学名由来

    漢字 犬之舌 Inunoshita
    由来・語源 形からだと思われる。戦前1936年からこの標準和名であるが、命名者は不明。西日本の人間であれば、決してこのような名をつけることはないと思う。
    〈ウシノシタ科イヌノシタ属イヌノシタ〉『日本産魚類検索』(岡田彌一郎、松原喜代松 三省堂 初版1938)
    Günther,
    Albert Karl Ludwig Gotthilf Günther (アルベルト・ギュンター 1830-1914 ドイツ→イギリス)。動物学者。

    地方名・市場名

    生息域

    海水魚。水深20-115mの砂地、砂泥地。
    相模湾、三重県〜宮崎県延岡の太平洋沿岸、紀伊水道、瀬戸内海、有明海、東シナ海中央部大陸棚域、新潟県柏崎沖、島根県敬川沖、九州西岸。
    朝鮮半島南岸、済州島、山東半島、中国南シナ海沿岸、広東省、台湾。

    生態

    産卵期は初夏から盛夏。

    基本情報

    和歌山県から瀬戸内海に多い魚。特に瀬戸内海を代表する魚のひとつだ。
    関西、瀬戸内海、高知県をのぞく四国ではスーパーなどでもよく見かける。
    煮つけの定番的なものでもあり、ムニエルなどにしてもおいしい。
    主に底曳き網で揚がるので、刺身などになることはほとんどないが、非常に美味。

    水産基本情報

    市場での評価 瀬戸内海周辺から入荷してくる。流通上は単にアカシタビラメとして取り扱われ、評価が高く、やや高値となっている。
    漁法 底曳き網
    産地 兵庫県、香川県、愛媛県ほか

    選び方

    鱗がはげやすいので、体色などは目安にはなりづらい。触って硬いもの。腹が柔らかいものはさける。

    味わい

    旬は春から夏(?)
    鱗は薄く剥がれやすい。皮は硬く丈夫で剥がれやすい。中骨はやや硬い。身に小骨がない。
    白身で新しいと透明感がある。熱を通しても硬く締まらない。身離れがいい。

    栄養

    危険性など

    食べ方・料理法・作り方 (基本はオススメ順掲載です)

    イヌノシタの料理法・レシピ・食べ方/ソテー(ムニエル)、煮る(煮つけ)、焼く(塩焼き)、揚げる(唐揚げ)、生食(刺身)

    イヌノシタのムニエル 頭部から尾に向かって皮をはぐ。ウシノシタ科では剥がしやすい。内臓などを取り去り、塩コショウする。小麦粉をつけてオリーブオイルでじっくりとソテー。バターで香りづけした。鰭が香ばしく身はしまっているがうま味がある。非常に美味。

    イヌノシタの煮つけ 産地などでの基本的な料理法だ。食堂などでも食べることができる。鱗、内臓を取り水洗い。鍋に合わせて切る。湯通しして冷水に落として鱗ぬめりを流す。これを酒、砂糖、しょうゆでこってりと煮つける。酒、塩など調味料はお好みで。ご飯のおかずとして毎日食べても飽きの来ない味だ。煮汁に素麺をからめてもいい。
    イヌノシタの唐揚げ 小振りのものは水洗いして水分をよくきる。片栗粉をまぶしてじっくりと二度揚げする。鰭際が香ばしく、皮に独特の風味がある。スナック感覚で食べることができてビールに合う。
    イヌノシタの塩焼き 焼くときには皮付きがいいと思う。香ばしく焼くと皮目に独特の風味がある上に身がしっとりとして甘味がある。身離れが少し悪いのが難点だが味わい深い。仕上げに酒をぬってもいい。

    好んで食べる地域・名物料理

    瀬戸内海周辺。
    くちぞこの唐揚げ 佐賀県鹿島市で買い求める。

    加工品・名産品

    干物

    釣り情報

    歴史・ことわざ・雑学など

    参考文献・協力

    『日本産魚類検索 全種の同定 第三版』(中坊徹次編 東海大学出版会)、『日本産魚名大辞典』(日本魚類学会編 三省堂)

    地方名・市場名

    イヌノシタ
    場所標準和名 
    アカシタ アカシタビラメ
    場所関東の市場、福岡県柳川市、泉佐野 備考またアカシタビラメを「アオシタ」、コウライアカウシノシタを「ばけした」。 
    アカベタ ベタ
    場所大分県中津市 
    アカレンチョウ
    場所山口県宇部市 
    ゲンチョウ
    場所愛媛県西条市 
    ダイチョウ
    場所岡山県備前市日生 
    レンチョウ レンチョウガレイ
    場所山口県宇部市・周南市 
    ウシノシタ ウシノシタカレイ
    場所山口県下関 参考文献 
  • 主食材として「イヌノシタ」を使用したレシピ一覧

関連コンテンツ