メダカラ

Scientific Name / Purpuradusta gracilis (Gaskoin, 1849)

代表的な呼び名メダカラガイ

メダカラの形態写真

    • 魚貝の物知り度

      ★★★★★
      知っていたら学者級
    • 食べ物としての重要度


      食用として認知されていない
    • 味の評価度


    分類

    軟体動物門盤足目タカラガイ超科タカラガイ科コモンダカラ亜科Purpuradusta属

    外国名

    学名

    Purpuradusta gracilis (Gaskoin, 1849)

    漢字・学名由来

    漢字/目宝貝 Medakaragai
    由来・語源/目八譜より。目のような斑紋が貝殻中央に出るため。
    目八譜
    1843(天保14)、武蔵石寿が編んだ貝の図譜のひとつ。武蔵石寿は貝類を形態的に類別。1064種を掲載する。現在使われている標準和名の多くが本書からのもの。貝類学的に非常に重要。

    地方名・市場名

    生息域

    海水生。潮間帯〜水深80mの岩礁域・サンゴ礁域。
    陸奥湾以南。
    インド-西太平洋。

    生態

    基本情報

    貝殻の収集の対象。

    水産基本情報

    選び方

    味わい

    栄養

    寄生虫

    食べ方・料理法・作り方 (基本はオススメ順掲載です)

    好んで食べる地域・名物料理

    加工品・名産品

    釣り情報

    歴史・ことわざ・雑学など

    参考文献・協力

    『タカラガイブック 日本のタカラガイ図鑑』(池田等、淤見慶宏、広田行正 東京書籍)、『日本及び周辺地域産軟体動物総目録』(肥後俊一、後藤芳央 エル貝類出版局)、『日本近海産貝類図鑑 第二版』(奥谷喬司編著 東海大学出版局 20170130)
  • 主食材として「メダカラ」を使用したレシピ一覧

関連コンテンツ