クチグロキヌタ(Onyx cowry)

Scientific Name / Erronea onyx (Linnaeus, 1758)

クチグロキヌタの形態写真

45mm SL 前後になる。貝殻は黒もしくは濃い褐色で背面が青白色になる固体もいる。腹面は黒。殻口は広い。2本の黄色帯がある。
クチグロキヌタの生物写真一覧 (クリックで上に拡大表示)
45mm SL 前後になる。貝殻は黒もしくは濃い褐色で背面が青白色になる固体もいる。腹面は黒。殻口は広い。2本の黄色帯がある。45mm SL 前後になる。貝殻は黒もしくは濃い褐色で背面が青白色になる固体もいる。腹面は黒。殻口は広い。2本の黄色帯がある。
    • 魚貝の物知り度

      ★★★★★
      知っていたら学者級
    • 食べ物としての重要度


      食用として認知されていない
    • 味の評価度

      ★★
      まずくはない

    分類

    軟体動物門盤足目タカラガイ超科タカラガイ科コモンダカラ亜科ナツメダカラ属

    外国名

    Onyx cowry

    学名

    Erronea onyx (Linnaeus, 1758)

    漢字・学名由来

    漢字/黒口砧
    由来・語源/『目八譜』から。民具の砧を思わせる形で殻口周辺の黒みが強いためか。砧(きぬた)は布をたたき、皺を伸ばしたり、布を軟らかくする道具。
    目八譜
    1843(天保14)、武蔵石寿が編んだ貝の図譜のひとつ。武蔵石寿は貝類を形態的に類別。1064種を掲載する。現在使われている標準和名の多くが本書からのもの。貝類学的に非常に重要。
    Linnaeus
    Carl von Linné(カール・フォン・リンネ 1707-1778 スウェーデン)。二名法を確立。

    地方名・市場名

    ボボガイ
    場所長崎県雲仙市小浜 備考タカラガイ類の総称として。 参考佐藤厚さん 

    生息域

    海水生。
    房総半島・山口県〜奄美大島、琉球列島。
    インド-西太平洋。

    生態

    基本情報

    食用ではなく貝の収集の対象。

    水産基本情報

    市場での評価/流通しない。

    選び方

    原則的に生きているもの。

    味わい

    旬は不明。
    殻は重く、軟体は小さい。
    一般的には食用としない。

    栄養

    寄生虫

    食べ方・料理法・作り方 (基本はオススメ順掲載です)

    クチグロキヌタの料理法・調理法・食べ方/煮る(塩ゆで)

    クチグロキヌタの塩ゆで 貝殻が重く、軟体はわずかでしかない。柔らかくうま味が強い。意外に味はいいが、食べるのが大変。

    好んで食べる地域・名物料理

    加工品・名産品

    釣り情報

    歴史・ことわざ・雑学など

    参考文献・協力

    協力/佐藤厚さん(長崎県雲仙市)
    『タカラガイブック 日本のタカラガイ図鑑』(池田等、淤見慶宏、広田行正 東京書籍)、『日本及び周辺地域産軟体動物総目録』(肥後俊一、後藤芳央 エル貝類出版局)、『日本近海産貝類図鑑 第二版』(奥谷喬司編著 東海大学出版局 20170130)
  • 主食材として「クチグロキヌタ」を使用したレシピ一覧

関連コンテンツ