マダライモ(Black-and-white cone)

Scientific Name / Conus ebraeus Linnaeus, 1758

マダライモの形態写真

殻長30mm前後になる。[鹿児島県屋久島町一湊]

    • 魚貝の物知り度

      ★★★★★
      知っていたら学者級
    • 食べ物としての重要度


      食用として認知されていない
    • 味の評価度


    分類

    軟体動物門腹足綱前鰓亜綱新腹足目イモガイ超科イモガイ科マダライモ属

    外国名

    Black-and-white cone

    学名

    Conus ebraeus Linnaeus, 1758

    漢字・学名由来

    漢字/斑芋
    由来・語源/『日東魚譜』(享保 1736年)より。
    日東魚譜
    1731年(享保3)。神田玄泉著(医者でもあった)。この国最古の魚譜。魚だけではなく、海産無鱗類であるタコ、イカ、クラゲ、ナマコ、ホヤなども含まれる。

    地方名・市場名

    生息域

    海水生。潮間帯〜水深50mの岩礁域、サンゴ礁域。
    伊豆諸島以南。熱帯インド・西太平洋。

    生態

    基本情報

    貝の収集の対象。食用とはなっていないと思われる。

    水産基本情報

    選び方

    味わい

    栄養

    寄生虫

    食べ方・料理法・作り方 (基本はオススメ順掲載です)

    好んで食べる地域・名物料理

    加工品・名産品

    釣り情報

    歴史・ことわざ・雑学など

    参考文献・協力

    協力/宍喰町・竹ヶ島(徳島県海部郡海陽町)
    『日本近海産貝類図鑑』(奥谷喬司編著 東海大学出版局)、『日本及び周辺地域産軟体動物総目録』(肥後俊一、後藤芳央 エル貝類出版局)
  • 主食材として「マダライモ」を使用したレシピ一覧

関連コンテンツ