イボカバイモ(Distant cone)

Scientific Name / Conus distans Hwass in Bruguiere, 1792

イボカバイモの形態写真

90mm SL 前後になる。体層に1〜3の白色螺帯がある。殻底は紫褐色。肩部の結節が疣状。
イボカバイモの生物写真一覧 (クリックで上に拡大表示)
90mm SL 前後になる。体層に1〜3の白色螺帯がある。殻底は紫褐色。肩部の結節が疣状。90mm SL 前後になる。体層に1〜3の白色螺帯がある。殻底は紫褐色。肩部の結節が疣状。90mm SL 前後になる。体層に1〜3の白色螺帯がある。殻底は紫褐色。肩部の結節が疣状。90mm SL 前後になる。体層に1〜3の白色螺帯がある。殻底は紫褐色。肩部の結節が疣状。90mm SL 前後になる。体層に1〜3の白色螺帯がある。殻底は紫褐色。肩部の結節が疣状。
    • 魚貝の物知り度

      ★★★★★
      知っていたら学者級
    • 食べ物としての重要度


      食用として認知されていない
    • 味の評価度


    分類

    軟体動物門腹足綱前鰓亜綱新腹足目イモガイ超科イモガイ科イモガイ属

    外国名

    Distant cone

    学名

    Conus distans Hwass in Bruguiere, 1792

    漢字・学名由来

    漢字/疣樺芋? Ibokabaimo
    由来・語源/杉谷房雄の命名。疣は肩部の結節が疣状のため。樺はヤマザクラの幹の色をしているからかも。チノイモガイ(鹿間)の異名がある。
    杉谷房雄
    『沖縄県産貝類目録』(1927)

    地方名・市場名

    生息域

    海水生。サンゴ礁上。
    八丈島・紀伊半島以南のインド-西太平洋。

    生態

    基本情報

    水産基本情報

    選び方

    味わい

    栄養

    寄生虫

    食べ方・料理法・作り方 (基本はオススメ順掲載です)

    好んで食べる地域・名物料理

    加工品・名産品

    釣り情報

    歴史・ことわざ・雑学など

    参考文献・協力

    協力/河村雄太さん(沖縄県石垣市) 池田等さん(神奈川県葉山町)
    アドバイス/黒住耐二さん(千葉県立博物館)
    『日本近海産貝類図鑑 第二版』(奥谷喬司編著 東海大学出版局 20170130)、『日本及び周辺地域産軟体動物総目録』(肥後俊一、後藤芳央 エル貝類出版局)、『沖縄の海の貝・陸の貝』(久保弘文、黒住耐二 1995)
  • 主食材として「イボカバイモ」を使用したレシピ一覧

関連コンテンツ