イモガイ

一般的な意味での「イモガイ」についてのまとめページです。

イモガイについて


江戸時代からの呼び名で、目八譜などにもある。広辞苑に「その状里芋の子に似る」とある。要するに一般的に里芋(さといも)として出回っている部分に似ているから「芋貝」だ。ただしヤキイモは1950年に黒田徳米がつけたものなので、サツマイモなのかも知れない。

「イモガイ」と呼ばれるもの一覧

印は「イモガイ」ですがそれ以外はイモガイの仲間ではありません。


サイト内検索

その他コンテンツ

ぼうずコンニャク関連サイト