オトメイモ

Scientific Name / Conus virgo Linnaeus, 1758

代表的な呼び名オトメイモガイ

オトメイモの形態写真

SL 115mm前後。貝殻は陶器を思わせる白。殻底は紫。

    • 魚貝の物知り度

      ★★★★★
      知っていたら学者級
    • 食べ物としての重要度


      食用として認知されていない
    • 味の評価度

      ★★★
      美味

    分類

    軟体動物門腹足綱前鰓亜綱新腹足目イモガイ超科イモガイ科イモガイ属

    外国名

    学名

    Conus virgo Linnaeus, 1758

    漢字・学名由来

    漢字/乙女芋
    由来・語源/杉谷房雄の命名。殻皮をとると白くきれいだからか?
    Linnaeus
    Carl von Linné(カール・フォン・リンネ 1707-1778 スウェーデン)。二名法を確立。
    杉谷房雄
    『沖縄県産貝類目録』(1927)

    地方名・市場名

    生息域

    海水生。潮下帯〜水深30mのリーフ水路、アマモ場砂地、砂・岩片底。
    八丈島・紀伊半島以南。

    生態

    基本情報

    水産基本情報

    選び方

    味わい

    栄養

    寄生虫

    食べ方・料理法・作り方 (基本はオススメ順掲載です)

    好んで食べる地域・名物料理

    加工品・名産品

    釣り情報

    歴史・ことわざ・雑学など

    参考文献・協力

    協力/河村雄太さん(尾謹話県石垣市)
    アドバイス/黒住耐二さん(千葉県立博物館)
    『日本近海産貝類図鑑 第二版』(奥谷喬司編著 東海大学出版局 20170130)、『日本及び周辺地域産軟体動物総目録』(肥後俊一、後藤芳央 エル貝類出版局)、『沖縄の海の貝・陸の貝』(久保弘文、黒住耐二 1995)
  • 主食材として「オトメイモ」を使用したレシピ一覧

関連コンテンツ