ぼうずコンニャクの食べる魚貝類だけでなく多彩な生物の図鑑です。掲載種は2500種以上、食用の水産生物の一般的なものは総て網羅。検索法・食べ方を詳しく解説しています。

ブチアイゴ(Goldspotted spinefoot)

Scientific Name /  Siganus punctatus (Schneider & Forster, 1801)

ブチアイゴの形態写真

体長40センチ前後になる。体側に楕円形の黄土色(オレンジ色)の斑紋が散らばる。尾鰭の切れ込みは成魚では深く、先端は丸い。

  • 魚貝の物知り度 食べ物としての重要度 味の評価度

    ★★★★★

    知っていたら学者級

    ★★★

    一般的(流通量は多くも少なくもない)

    ★★★★

    非常に美味
    分類
    顎口上綱硬骨魚綱条鰭亜綱新鰭区棘鰭上目スズキ系スズキ目ニザダイ亜目アイゴ科アイゴ属
    外国名
    Goldspotted spinefoot
    学名
    Siganus punctatus (Schneider & Forster, 1801)
    漢字・学名由来
    漢字 斑藍子、斑阿乙呉。
    由来・語源 斑(ぶち 多色の斑紋のある)アイゴの意味。東京での呼び名。アイヌ語で棘のあるイラクサを「あい」という。ここから「あい」は棘のある、「ご」は魚を表す語尾。
    Schneider
    Johann Gottlob Theaenus Schneider(ヨハン・ゴットロープ・テアエヌス・シュナイダー 1750-1822 ドイツ)。博物学者。マルクス・エリエゼル・ブロッホ(Marcus Élieser Bloch)とともに『110の画像付分類魚類学』を刊行、完成させた。
    地方名・市場名
    沖縄本島。八重山でマテー。
    沖縄宮古でウキアイ。
    他にはオンレー。
    生息域
    海水魚。高知県、小笠原、沖縄以南。中部太平洋。
    サンゴ礁域。
    生態
    基本情報
    沖縄では食用魚で、比較的重要なもの。
    ゴマアイゴとともにやや高値。
    水産基本情報
    選び方
    味わい
    栄養
    寄生虫
    食べ方・料理法・作り方
    好んで食べる地域・名物料理
    加工品・名産品
    釣り情報
    磯や防波堤などからオキアミエサで釣る。
    歴史・ことわざ・雑学など
    参考文献・協力
    『沖縄の漁具・漁法』(沖縄県漁業振興基金  編集沖縄県水産試験場)、『日本産魚類検索 全種の同定 第二版』(中坊徹次編 東海大学出版会)、『日本の海水魚』(岡村収、尼岡邦夫編・監修 山と渓谷社)
  • 主食材として「ブチアイゴ」を使用したレシピ一覧

関連コンテンツ