ブチアイゴ(Goldspotted spinefoot)

Scientific Name /  Siganus punctatus (Schneider & Forster, 1801)

ブチアイゴの形態写真

SL 40cm前後になる。体側に楕円形の黄土色(オレンジ色)の斑紋が散らばる。尾鰭の切れ込みは成魚では深く、先端は丸い。

  • 魚貝の物知り度 食べ物としての重要度 味の評価度

    ★★★★★

    知っていたら学者級

    ★★★

    一般的(流通量は多くも少なくもない)

    ★★★★

    非常に美味
    分類
    顎口上綱硬骨魚綱条鰭亜綱新鰭区棘鰭上目スズキ系スズキ目ニザダイ亜目アイゴ科アイゴ属
    外国名
    Goldspotted spinefoot
    学名
    Siganus punctatus (Schneider & Forster, 1801)
    漢字・学名由来
    漢字 斑藍子、斑阿乙呉。
    由来・語源 斑(ぶち 多色の斑紋のある)アイゴの意味。東京での呼び名。アイヌ語で棘のあるイラクサを「あい」という。ここから「あい」は棘のある、「ご」は魚を表す語尾。
    Schneider
    Johann Gottlob Theaenus Schneider(ヨハン・ゴットロープ・テアエヌス・シュナイダー 1750-1822 ドイツ)。博物学者。マルクス・エリエゼル・ブロッホ(Marcus Élieser Bloch)とともに『110の画像付分類魚類学』を刊行、完成させた。
    地方名・市場名 [?]
    カーエー
    場所沖縄県南城市知念漁協 
    ウキアイ
    場所沖縄宮古 
    マテー
    場所沖縄県石垣島(八重山)・本島 
    オンレー
    場所沖縄県 
    生息域
    海水魚。岩礁・サンゴ礁域。
    小笠原諸島、高知県柏島、琉球列島。
    台湾、香港、西沙諸島、タイランド湾、西太平洋、カロリン諸島、キーリング諸島、オーストラリア西岸。
    生態
    基本情報
    沖縄では食用魚で、比較的重要なもの。
    アイゴ科のなかでは大型で臭みがないのでゴマアイゴとともにやや高値。
    水産基本情報
    市場での評価/沖縄では少ないながら水揚げがある。比較的大型で臭みのある個体が少ないのでやや高値がつく。
    漁法/刺し網、刺突漁
    産地/沖縄県
    選び方
    触って張りのあるもの。ブチ模様(ドット)の黄色みの強いもの。
    味わい
    旬は不明だが、晩春と初夏は不安定。
    鱗は細かいが取りやすい。皮は厚みがあって強くはぐことができる。骨は硬くない。
    上質のきめの細かい白身で血合いが弱く透明感がある。熱を通しても硬く締まらない。
    大型なので生食、ソテー、煮るなど多彩な料理に使えそうだ。
    栄養
    寄生虫
    食べ方・料理法・作り方
    煮る(まーす煮)
    マテーのまーす煮
    ブチアイゴのまーす煮 比較的大形なので料理法は多いと思っている。ここでは沖縄での基本的な料理「まーす煮(塩煮)」にする。水洗いして強めの塩水で水分を飛ばすように煮上げていく。豆腐を一緒に煮ることが多い。塩分で煮ることでほどよく身が締まり、甘味が強く感じられる。臭みはまったくなくとてもおいしい。

    好んで食べる地域・名物料理
    加工品・名産品
    釣り情報
    磯や防波堤などからオキアミエサで釣る。
    歴史・ことわざ・雑学など
    参考文献・協力
    協力/河村雄太さん(沖縄県石垣市)
    『沖縄の漁具・漁法』(沖縄県漁業振興基金  編集沖縄県水産試験場)、『日本産魚類検索 全種の同定 第二版』(中坊徹次編 東海大学出版会)、『日本の海水魚』(岡村収、尼岡邦夫編・監修 山と渓谷社)、『美ら海市場図鑑 知念市場の魚たち』(三浦信男 ぬにふぁ星 2012)、『日本産魚類全種の学名 語源と解説』(中坊徹次・平嶋義宏 東海大学出版部 2015)
  • 主食材として「ブチアイゴ」を使用したレシピ一覧

関連コンテンツ