ぼうずコンニャクの食べる魚貝類だけでなく多彩な生物の図鑑です。掲載種は2500種以上、食用の水産生物の一般的なものは総て網羅。検索法・食べ方を詳しく解説しています。

ヒメアイゴ(Barhead spinefoot)

Scientific Name /  Siganus virgatus (Valenciennes, 1835)

ヒメアイゴの形態写真

SL 30cmを超える。側扁形(左右に平たい)し、背鰭全部から頭にかけて斜めに暗色帯がある。背鰭(せびれ)、尻鰭(しりびれ)に毒のある鋭い棘がある。

  • 魚貝の物知り度 食べ物としての重要度 味の評価度

    ★★★★★

    知っていたら学者級

    ★★

    地域的、嗜好品的なもの

    ★★★

    美味
    分類
    顎口上綱硬骨魚綱条鰭亜綱新鰭区棘鰭上目スズキ系スズキ目ニザダイ亜目アイゴ科アイゴ属
    外国名
    Barhead spinefoot
    学名
    Siganus virgatus (Valenciennes, 1835)
    漢字・学名由来
    漢字 姫藍子、姫阿乙呉。
    由来・語源 不明
    Valenciennes
    アシル・バランシエンヌ(Achille Valencienne 1794-1865)はフランスの動物学者。ジョルジュ・キュビエとともに『魚類の自然誌』を刊行。国内で水揚げされる多くの魚を記載。
    地方名・市場名
    アケー/沖縄県本島
    アカアイ/沖縄宮古島
    アカエー/沖縄八重山
    ヤバニー/沖縄県南城市知念漁協
    サバニ/沖縄県南城市知念漁協
    生息域
    海水性。岩礁域、サンゴ礁域。
    口永良部島、琉球列島。
    台湾、東沙群島、海南島、ベトナム、タイランド湾、東インド洋-西太平洋(ニューギニア東端まで)
    生態
    藻食性。
    産卵期は4月〜7月。
    孵化後1ケ月で体長30ミリ前後になり、沿岸浅場に群れをなしてよせる。
    基本情報
    沖縄では食用魚。
    水産基本情報
    市場での評価/主に沖縄県で食用となっている。アイゴ類のなかでも安い模様。
    漁法/刺し網
    産地/沖縄県
    選び方
    黄色や褐色の帯の色合いがくっきりしているもの。触って張りのあるもの。
    味わい
    旬は不明。
    鱗は細かく取りやすい。皮は厚みがあるが熱に弱い(火が通りやすい)。骨は柔らかい。
    透明感のある白身で磯臭さがある個体が多い。
    栄養
    寄生虫
    食べ方・料理法・作り方
    ヒメアイゴの料理法/煮る(まーす煮)、ソテー(バター焼き)
    アケーのまーす煮
    ヒメアイゴのまーす煮(ヤバニーのまーす煮) 水洗いして強めの塩水で短時間水分をとばしように煮上げていく。煮上がりは柔らかく、身離れもいい。生の状態で微かに感じた磯臭みも気にならなくなる。一緒に煮る豆腐がうまい。

    アカエーのバター焼きヒメアイゴのバター焼き(ヤバニーのバター焼き) 水洗いして水分をよく拭き取る。塩コショウして多めの油で表面をこんがりソテーする。仕上げにマーガリン(バターでも)で風味づけする。少しだけ気になる磯臭みも抑えられて美味。
    好んで食べる地域・名物料理
    加工品・名産品
    釣り情報
    磯や防波堤などからオキアミエサで釣る。
    歴史・ことわざ・雑学など
    参考文献・協力
    協力/海鮮料理店 島(沖縄県恩納村)
    『日本産魚類検索 全種の同定 第二版』(中坊徹次編 東海大学出版会)、『沖縄の漁具・漁法』(沖縄県漁業振興基金  編集沖縄県水産試験場)、『沖縄の釣り魚』(城一人 フィッシング沖縄社)、『日本の海水魚』(岡村収、尼岡邦夫編・監修 山と渓谷社)、『美ら海市場図鑑 知念市場の魚たち』(三浦信男 ぬにふぁ星 2012)
  • 主食材として「ヒメアイゴ」を使用したレシピ一覧

関連コンテンツ