アイゴ属

Classification Siganus Forsskål, 1775

スズキ目について

沖縄の水揚げで揚がるほとんど総てガスズキ目 食用魚のほとんどがスズキ目。他の目すべてを合わせよりも種数は多いと思う。
 鰭、棘などが発達した高等な魚類。

アイゴ科について

魚たち国内にはアイゴ科にはアイゴ属の1属のみ。大西洋にはAcanthurus Forsskål, 1775がいるようだ。
主に亜熱帯域に多く本州などに普通みかけるのはアイゴ1種のみ。

アイゴ属について

名護漁協に並ぶアイゴ類 アラビアでこの手の魚類をSigan、Siganiと呼ぶことから。
 温帯域から熱帯のサンゴ礁域まで広く生息域を広げている。背鰭などに鋭い棘を持ち、刺されると痛みがあるのが特徴。
 主に本州・四国・九州などでは紀伊半島、四国などでよく食べられている。また鹿児島県諸島部、沖縄などでは多彩なアイゴ属が食べられている。
 特にアイゴ(シモフリアイゴ)は沖縄では重要な食用魚。ゴマアイゴ、ブチアイゴなど大型の種は高級である。

アイゴ属に属する仲間一覧


サイト内検索

その他コンテンツ

ぼうずコンニャク関連サイト