アミアイゴ(Little spinefoot )

Scientific Name / Siganus spinus (Linnaeus, 1758)

登録画像は現在ありません

    • 魚貝の物知り度

      ★★★★★
      知っていたら学者級
    • 食べ物としての重要度

      ★★
      地域的、嗜好品的なもの
    • 味の評価度

      ★★★
      美味

    分類

    顎口上綱硬骨魚綱条鰭亜綱新鰭区棘鰭上目スズキ系スズキ目ニザダイ亜目アイゴ科アイゴ属

    外国名

    Little spinefoot

    学名

    Siganus spinus (Linnaeus, 1758)

    漢字・学名由来

    漢字 網藍子、網阿乙呉。
    由来・語源 網目模様のあるアイゴ(?)。
    Linnaeus
    Carl von Linné(カール・フォン・リンネ 1707-1778 スウェーデン)。二名法を確立。

    地方名・市場名

    ミヤゲー
    場所沖縄県南城市知念漁協 参考『美ら海市場図鑑 知念市場の魚たち』(三浦信男 ぬにふぁ星 2012) 
    ブシー
    場所沖縄県南城市知念漁協 サイズ / 時期稚魚 参考知念 
    スク
    場所沖縄県南城市知念漁協など サイズ / 時期稚魚 参考『美ら海市場図鑑 知念市場の魚たち』(三浦信男 ぬにふぁ星 2012) 
    ヤチャーグヮー
    場所沖縄県南城市知念漁協・本当 参考『美ら海市場図鑑 知念市場の魚たち』(三浦信男 ぬにふぁ星 2012) 
    ミヤギエーグヮー
    場所沖縄県石垣島 参考河村雄太さん 
    エーナマー
    場所沖縄県石垣市白保 参考河村雄太さん 
    シュク
    サイズ / 時期稚魚 備考別名。 

    生息域

    海水魚。駿河湾以南〜東インド・西太平洋域。
    藻場。

    生態

    基本情報

    水産基本情報

    市場での評価 流通はしていない。フィリピンから塩辛材料として輸入?
    漁法
    主な産地 沖縄、フィリピン

    選び方

    味わい

    稚魚が「すくがらす」の原料。

    栄養

    寄生虫

    食べ方・料理法・作り方 (基本はオススメ順掲載です)

    調理法 塩辛
    アミアイゴの塩辛はなかなか美味。
    沖縄で作られている塩辛「すくがらす」は、スク(アミアイゴ、ハナアイゴなどの稚魚)で作られる。豆腐にのせて食べるのが一般的。

    好んで食べる地域・名物料理

    加工品・名産品

    アイゴの稚魚の塩辛、「すくがらす」材料のひとつ。

    釣り情報

    歴史・ことわざ・雑学など

    参考文献・協力

  • 主食材として「アミアイゴ」を使用したレシピ一覧

関連コンテンツ