ヒフキアイゴ(Blotched foxface)

Scientific Name / Siganus unimaculatus (Evermann and Seale, 1907)

ヒフキアイゴの形態写真

SL 20cm前後。退色は黄色く、体側後部背の部分に黒く大きな斑紋がある。幼魚では斑紋はなく背に縮緬状の黒いスジ模様がある。時間が経つとくすむ。

  • 魚貝の物知り度 食べ物としての重要度 味の評価度

    ★★★★

    知っていたら達人級

    ★★

    地域的、嗜好品的なもの

    分類
    顎口上綱硬骨魚綱条鰭亜綱新鰭区棘鰭上目スズキ系スズキ目ニザダイ亜目アイゴ科アイゴ属
    外国名
    Blotched foxface
    学名
    Siganus unimaculatus (Evermann and Seale, 1907)
    漢字・学名由来
    漢字/火吹阿乙呉、火吹藍子
    由来・語源/姿が火吹竹を吹いているように見えるためか? 松原喜代松は『日本産魚類検索』(岡田彌一郎、松原喜代松 三省堂 初版1936、第二版1943)に〈Philippinesから記載されているが、筆者松原は琉球産の標本1尾を手に入れた〉とあり新称としている。和名は松原喜代松の命名のようだ。また1943年まではGenus「Lo Seale,1906」ヒフキアイゴ属がたてられていた。
    Blotched foxface/Blotchedは斑紋のある(染みのついた)、Foxfaceは狐顔(キツネ顔)の魚。
    地方名・市場名 [?]
    生息域
    海水魚。サンゴ礁域。
    小笠原諸島、沖縄諸島以南の琉球列島、南大東島。
    台湾、南沙諸島、西沙諸島、フィリピン諸島、オーストラリア北西岸。
    生態
    基本情報
    水産基本情報
    選び方
    味わい
    栄養
    寄生虫
    食べ方・料理法・作り方
    好んで食べる地域・名物料理
    加工品・名産品
    釣り情報
    歴史・ことわざ・雑学など
    参考文献・協力
    協力/河村雄太さん(沖縄県石垣市)
    『日本産魚類検索 全種の同定 第二版』(中坊徹次編 東海大学出版会)
  • 主食材として「ヒフキアイゴ」を使用したレシピ一覧

関連コンテンツ