バテイラ(Top-shell)

Scientific Name / Omphalius pfeifferi pfeifferi (Philippi,1846)

代表的な呼び名シッタカ

バテイラの形態写真

殻高5cm前後になる。横から見ると正三角形に近く、棘などはまったくない。

  • 魚貝の物知り度 食べ物としての重要度 味の評価度

    ★★★★

    知っていたら達人級

    ★★

    地域的、嗜好品的なもの

    ★★★★

    非常に美味
    分類
    軟体動物門腹足綱前鰓亜綱古腹足目ニシキウズガイ上科バテイラ科(クボガイ科)コシダカガンガラ属
    外国名
    Top-shell
    学名
    Omphalius pfeifferi pfeifferi (Philippi,1846)
    漢字・学名由来
    漢字 馬蹄螺
    由来・語源 馬の蹄全体の形に似ているため。
    地方名・市場名 [?]
    シッタカ[尻高]
    場所関東 
    ツブ
    場所山口県下関市 
    ツベタカ ツベタカニナ
    場所愛媛県伊方町 
    サンカクミナ
    場所宮崎県宮崎市宮﨑中央市場 
    シリタカニイナ[尻高蜷]
    場所大分県別府 
    カサゴ カサブ カサミナ カジメイソモン カジメダマ カジメッタイ カジメッタマ カジメベイボ カジメボラ ガンガラ グッチョミナ クロダマ クロニナ クロベ クロマギ ゴウゴウ コシダカ[腰高] サンカクビナ シタダミ シッタカダマ シリシタカ シリタカ シリダカ シリタカニーナ ジンガラガッサ シンタカ スッタカダマ タカ タカガンガラ タカジイ タカシロー タカタカニナ タカット タカツベ タカニシ タカンッ ダゴイソモン タマ タマイソモン チャーチャンボ トンボラ トンボレェ ナヨ ニシ ニシン ニナ ネーラ バイ ハビロ ハナツマングチョ ビナ ヒノエミナ ベイボ ベー ベーガイ ベエボ ボラ マイラ マツボ マル ミカリ ミナ ミャーラダマ ミヤダ ミヤダマ ミヤラ ミヤラシ ミヤリ ミョウギンダマ ミョウケンダマ ミョウゲンダマ メーラ メーラダマ メーロダマ
    参考文献より。 
    生息域
    海水生。青森県以南の太平洋側。
    潮間帯から水深20メートル。
    生態
    基本情報
    潮間帯にいる小型の巻き貝。東京都など関東では「しったか」。ニシキウズガイ科ではもっとも高価なもので、流通の場でも人気が高い。殻高が低いためか貝殻から抜き出しやすく、味わいもいちばんいい。
    古くは安いものだったが、最近では非常に高価なものとなっている。
    各地で巻き貝では酒の肴の代表的なものとなっている。
    水産基本情報
    市場での評価 入荷量が少なくなっている。高価。
    漁法 採取
    主な産地 千葉県、静岡県、大分県など
    選び方
    原則的に生きているもの。貝殻につやのあるもの。
    味わい
    旬は春
    歩留まりは悪い。
    食べるのはワタも含めて軟体部の総て。比較的煮ても硬く締まらない。
    ワタに苦みがあり、足は微かに甘みがある。
    栄養
    寄生虫
    食べ方・料理法・作り方
    バテイラの料理法/煮る(塩ゆで、煮つけ)、焼く(つぼ焼き)
    しったかの塩ゆで
    しったかの塩ゆで(バテイラの塩ゆで) 本種の基本的な料理法がこれだ。古くは磯遊びなどのおりに塩を持参するか、海水で煮たものだと思う。足は煮ても硬くならず、ワタはほんのりと苦い。佳肴である。身を抜いて汁や揚げたりする。

    しったかのしょうゆ煮しったかのしょうゆ煮(バテイラのしょうゆ煮) しょうゆ味で煮てもおいしい。よく洗いしょうゆ、酒、水のなかに入れて、火をつける。しょうゆ味がプラスされてうま味は増す。
    しったかのつぼ焼きしったかのつぼ焼き(バテイラのつぼ焼き) 大型が手には入ったらサザエのように焼いてもいい。ホイルなどで固定して口を上にして焼く。酒、しょうゆで味つけして噴いてきたら出来上がり。うま味が凝縮されたワタがうまい。
    しったかの天ぷらしったかの天ぷら(バテイラの天ぷら) 産地では小振りのものなどをゆでて身を取り出して置く。これでご飯を炊いたり、天ぷらにする。強火で短時間揚げるとワタの苦みが生きたうまい天ぷらになる。
    好んで食べる地域・名物料理
    加工品・名産品
    釣り情報
    歴史・ことわざ・雑学など
    〈ミヤリ(バテイラ貝)が(千倉町の)入札の仲間になったのは昭和五十五年からです〉 『海女たちの四季 房総海女の自叙伝』(田仲のよ著 加藤雅毅編 新宿書房)
    旧ページ内容
    古い記載が含まれている可能性があります

    にな・にいな・にーなについて「にな」もしくは「にいな」、「にーな」について
     2002年の5月、大分より磯の巻貝が入荷しました。箱には「ニーナ」と書かれた経木が入っています。この「にな」などの言葉は巻貝を差す言葉、漢字「蜷」と書かれます。この「にな」というのは古典では淡水に棲息するカワニナなどの巻貝のこと。それが、現在は海辺の集落などでは現役の言葉としてニシキウズガイ科とアッキガイ科の貝に対して使われます。共通点は比較的浅い、もしくは飛沫帯などの子供などでも簡単にとれる場所の貝であること。関東では「磯玉」とか「たま」などとも言います。写真の貝はヘソアキクボガイ、クボガイ、ヒメクボガイ、クマノコガイ、イボニシ。
    参考文献・協力
    『日本近海産貝類図鑑』(奥谷喬司編著 東海大学出版局)、『日本及び周辺地域産軟体動物総目録』(肥後俊一、後藤芳央 エル貝類出版局)
  • 主食材として「バテイラ」を使用したレシピ一覧

関連コンテンツ