コシダカガンガラ

Scientific Name / Omphalius rusticus (Gmelin,1791)

コシダカガンガラの形態写真

殻高3cm前後になる。螺層上部には螺肋がない。殻底にはっきりした畝状の隆起がある。裏側は真珠層がほとんどなく白い。
コシダカガンガラの生物写真一覧 (クリックで上に拡大表示)
殻高3cm前後になる。螺層上部には螺肋がない。殻底にはっきりした畝状の隆起がある。裏側は真珠層がほとんどなく白い。殻高3cm前後になる。螺層上部には螺肋がない。殻底にはっきりした畝状の隆起がある。裏側は真珠層がほとんどなく白い。
  • 魚貝の物知り度 食べ物としての重要度 味の評価度

    ★★★★★

    知っていたら学者級

    ★★

    地域的、嗜好品的なもの

    ★★★

    美味
    分類
    軟体動物門腹足綱前鰓亜綱古腹足目ニシキウズガイ上科バテイラ科(クボガイ科)コシダカガンガラ属
    外国名
    学名
    Omphalius rusticus (Gmelin,1791)
    漢字・学名由来
    漢字 腰高岩殻(koshidakagangara)
    由来・語源 「渚ノ丹敷」(1803)より。岩殻(小石)に似ているため。
    地方名・市場名 [?]
    グッチョ
    参考『四季の料理 飛島に伝わる郷土料理Ⅱ』(酒田市農林水産課) 場所山形県酒田市飛島 
    シタタメ
    備考クボガイ、オオコシダカガンガラなどとの総称。 場所石川県珠洲市 
    シタダミ
    備考クボガイ、オオコシダカガンガラなどとの総称。 場所石川県七尾市 
    シタナミ
    場所山形県鶴岡市 
    生息域
    海水生。潮間帯〜水深20mの岩礁域。
    北海道北部〜九州。
    生態
    基本情報
    磯の食用巻き貝(磯もの)のひとつ。
    非常にローカルな食材で、全国的な流通ではなく、食文化のある地域が相互に流通しているよう。
    一般にこのような磯の小型の巻き貝は何種類かが混ざって流通する。
    水産基本情報
    市場での評価 主に産地周辺で流通する。関東への入荷は希、やや高値。
    漁法 採取
    産地 石川県、島根県
    選び方
    原則的に生きているもの。
    味わい
    旬は春。
    貝殻は厚みがあり、重い。身は取り出しやすい。
    わたなどにくせがない。
    栄養
    寄生虫
    食べ方・料理法・作り方
    煮る(塩ゆで、しょうゆ煮)、汁(みそ汁)
    コシダカガンガラの塩ゆで塩ゆで。意外に取り出しやすい。
    好んで食べる地域・名物料理
    ぐっちょの味噌汁●「ぐっちょ」はオオコシダカガンガラとコシダカガンガラの総称。水から煮出してみそ汁にする。[『四季の料理 飛島に伝わる郷土料理Ⅱ』(酒田市農林水産課)]
    したなみのみそ汁●「したなみ」はコシダカガンガラ、オオコシダカガンガラ、イシダタミなどの総称。これを夏にみそ汁にする。[『つるおかおうち御膳』(鶴岡市食教育・地産地消推進協議会 鶴岡市)]
    加工品・名産品
    釣り情報
    歴史・ことわざ・雑学など
    参考文献・協力
    『日本近海産貝類図鑑』(奥谷喬司編著 東海大学出版局)、『日本及び周辺地域産軟体動物総目録』(肥後俊一、後藤芳央 エル貝類出版局)
  • 主食材として「コシダカガンガラ」を使用したレシピ一覧

関連コンテンツ