ニセタカサゴ(Goldeb-banded fusilier)

Scientific Name / Pterocaesio marri Schultz,1953

ニセタカサゴの形態写真

30cm SL 前後になる。体側に2本、もしくは1本(背鰭に近いところのは不明瞭であることも多い)の褐色の縦縞がある。背鰭下部に鱗がある。側線は中央部分を走る褐色の縦縞に沿ってある。尾鰭先端に黒い斑紋がある。[成魚]
ニセタカサゴの生物写真一覧 (クリックで上に拡大表示)
30cm SL 前後になる。体側に2本、もしくは1本(背鰭に近いところのは不明瞭であることも多い)の褐色の縦縞がある。背鰭下部に鱗がある。側線は中央部分を走る褐色の縦縞に沿ってある。尾鰭先端に黒い斑紋がある。[成魚]30cm SL 前後になる。体側に2本、もしくは1本(背鰭に近いところのは不明瞭であることも多い)の褐色の縦縞がある。背鰭下部に鱗がある。側線は中央部分を走る褐色の縦縞に沿ってある。尾鰭先端に黒い斑紋がある。[若魚]30cm SL 前後になる。体側に2本、もしくは1本(背鰭に近いところのは不明瞭であることも多い)の褐色の縦縞がある。背鰭下部に鱗がある。側線は中央部分を走る褐色の縦縞に沿ってある。尾鰭先端に黒い斑紋がある。[15cm SL ・重さ49g]体側に2本、もしくは1本(背鰭に近いところのは不明瞭であることも多い)の褐色の縦縞がある。前上顎骨の後方突起は2個。
    • 魚貝の物知り度

      ★★★★★
      知っていたら学者級
    • 食べ物としての重要度

      ★★
      地域的、嗜好品的なもの
    • 味の評価度

      ★★★
      美味

    分類

    顎口上綱硬骨魚綱条鰭亜綱新鰭区棘鰭上目スズキ系スズキ目スズキ亜目タカサゴ科クマササハナムロ属

    外国名

    Goldeb-banded fusilier

    学名

    Pterocaesio marri Schultz,1953

    漢字・学名由来

    漢字 偽高砂 Nisetakasago
    由来・語源 タカサゴに似て別種の意味になるが、古く【ニセンタカサゴ】であったことがある。まさかと思うが現標準和名のニセタカサゴは【ニセンタカサゴ】の校正ミスかも知れない。明らかに「偽」ではなく「二線」の方がふさわしい。
    ■『日本産魚類検索』(岡田彌一郎、松原喜代松 三省堂 初版1938)では「 Caesio diagramma Bleeker, 1864」とされ、【ニセンタカサゴ】という標準和名がたてられたことがある。『魚類の形態と検索』(松原喜代松 岩崎書店 1955)では同学名で、現標準和名のニセタカサゴが登場する。どう見ても「偽」ではなく「二線」の方がふさわしい。1955年代まで、タカサゴとニセタカサゴの形態的な違いとタイプ標本との照合は混乱していたようだし、1955年版で校正ミスがあった可能性も高い。
    ■また古く タカサゴをCaesio chrysozonus Cuvier et Valenciennes としてしまったために、 「Caesio Lacepède, 1801」がタカサゴ属になる。のちにタカサゴ、ニセタカサゴなどは「Pterocaesio Bleeker, 1875(クマササハナムロ属)」であることがわかる。それ以後、タカサゴ、ニセタカサゴはタカサゴ属ではなくクマササハナムロ属となる。
    「たかさご」という言語 は東京、小田原での呼び名と田中茂穂はしているが、相模湾北部に当時いたかは不明。
    “たか”は漁村用語で岩礁のこと、“さご”は「細魚」、「小魚」のこと。「岩礁帯にすむ小魚」の意味という説もある。ただ時代的に見て高砂(台湾)の方がふさわしいと思う。

    地方名・市場名

    カブクヮーグルクン
    場所沖縄本島 
    カブクヮヤーグルクン
    場所沖縄県八重山 
    カブクヮヤー
    場所沖縄県南城市知念漁協 
    ムゾーリ
    場所沖縄県南城市知念知念漁協 
    ヘラーグルクン
    場所沖縄県宮古島 

    生息域

    海水魚。浅い岩礁域・サンゴ礁域。
    八丈島、小笠原諸、相模湾[神奈川県二宮沖]〜九州南岸、[島根県益田市]、長崎県、鹿児島県南さつま市笠沙、屋久島の太平洋沿岸、宮崎県南郷、琉球列島。
    台湾南部、インド-西太平洋、サモア諸島、マルケサス諸島。

    生態

    基本情報

    九州・長崎からの入荷が多く、関東では知名度の高いグルクン(タカサゴ)と混同して扱われている。

    水産基本情報

    市場での評価 入荷量は多くはない。やや高い。
    漁法 定置網
    産地 長崎県

    選び方

    触って張りのあるもの。赤やコバルトイエローの鮮やかなもの。

    味わい

    旬は夏。
    鱗は細かくやや硬いが取りやすい。
    白身で血合いの色は濃い。

    栄養

    寄生虫

    食べ方・料理法・作り方 (基本はオススメ順掲載です)

    ニセタカサゴの料理法・レシピ・食べ方/生食(焼き切り)、揚げる(唐揚げ)、煮る(煮つけ)、ソテー(バター焼き)、焼く(塩焼き)

    ニセタカサゴの焼き切り(焼霜造り) 秋に相模湾で見つけた20cm前後の若魚は触った限りでも身に張りがあり、脂ののりを感じた。本種の場合大型だから脂がのるとは限らないようだ。三枚に下ろして腹骨、血合い骨を取り、皮目をあぶる。これを食べやすい大きさに切る。皮目の焼いた香り、皮下の脂、身の甘さなどが相まって非常に美味。


    ニセタカサゴの唐揚げ タカサゴ科の定番料理である。ここでは背開きにして片栗粉をまぶして二度揚げにしてみた。骨があまり硬くないので丸ごと食べられて、香ばしい。身は適度に繊維質で甘味がある。
    ニセタカサゴのバター焼き 皮は意外にしっかり厚みがあるので、小麦粉をまぶさないでソテーしてみた。水洗いして、塩コショウして多めの油でソテーする。仕上がりにマーガリン(バター)で風味づけする。油分で熱を通すことで硬く締まりすぎず、皮目が香ばしい。なかなかの味わいである。

    ニセタカサゴの煮つけ 淡泊な味わいで熱を通すと硬く締まりがちなので、液体、油分を使った料理に向いている。水洗いして鍋にあった大きさに切り、湯通しする。これを酒・しょうゆであっさりと煮る。みりん、砂糖で甘味をつけてもいい。イヤミのない味わい。ご飯にも合う。

    ニセタカサゴの塩焼き 大型になっても脂が均質に回ることがなく、小型は一段と脂分に欠ける。当然焼くと硬く締まりがちになる。ただし淡泊でクセのない味わいで皮目には独特の風味があるとも言えそう。

    好んで食べる地域・名物料理

    加工品・名産品

    釣り情報

    歴史・ことわざ・雑学など

    参考文献・協力

    『日本産魚類検索 全種の同定 第三版』(中坊徹次編 東海大学出版会)、『日本産魚名大辞典』(日本魚類学会編 三省堂)
  • 主食材として「ニセタカサゴ」を使用したレシピ一覧

関連コンテンツ