ウメイロモドキ(Yellow and blueback fusilier)

Scientific Name / Caesio teres Seale, 1906

ウメイロモドキの形態写真

35cm SL 前後になる。側へんし、全体にコバルトブルー、背の部分が黄色い。尾に斑紋がない。東部の目の上の鱗の帯は中央部で分断される。
ウメイロモドキの生物写真一覧 (クリックで上に拡大表示)
35cm SL 前後になる。側へんし、全体にコバルトブルー、背の部分が黄色い。尾に斑紋がない。東部の目の上の鱗の帯は中央部で分断される。東部の目の上の鱗の帯は中央部で分断される。
  • 魚貝の物知り度 食べ物としての重要度 味の評価度

    ★★★★★

    知っていたら学者級

    ★★

    地域的、嗜好品的なもの

    ★★★

    美味
    分類
    顎口上綱硬骨魚綱条鰭亜綱新鰭区棘鰭上目スズキ系スズキ目スズキ亜目タカサゴ科タカサゴ属
    外国名
    Yellow and blueback fusilier
    学名
    Caesio teres Seale, 1906
    漢字・学名由来
    漢字 梅色擬
    由来・語源
    地方名・市場名 [?]
    オキタカベ
    場所東京都小笠原諸島 参考『伊豆・小笠原諸島の魚たち 改訂2版』(東京都水産試験場 2004)、『日本産魚名大辞典』(日本魚類学会編 三省堂) 
    ウシダボ
    場所東京都諸島部 参考『伊豆・小笠原諸島の魚たち 改訂2版』(東京都水産試験場 2004)、『日本産魚名大辞典』(日本魚類学会編 三省堂) 
    アカジュウグルクン
    場所沖縄県南城市知念漁協 参考『美ら海市場図鑑 知念市場の魚たち』(三浦信男 ぬにふぁ星 2012)、河村雄太さん(石垣市) 
    ヒラーグルクン
    場所沖縄県宮古・八重山 
    ウメイロ
    場所東京都小笠原 参考『伊豆・小笠原諸島の魚たち 改訂2版』(東京都水産試験場 2004)、『日本産魚名大辞典』(日本魚類学会編 三省堂) 
    生息域
    海水魚。サンゴ礁。
    小笠原諸島、火山列島、宮崎県日南市沖、屋久島、琉球列島、南大東島。
    相模湾、静岡県沼津、和歌山県串本、土佐湾(以上は少ない)。
    台湾南部、インド-太平洋。
    生態
    基本情報
    主に鹿児島県の諸島部や沖縄県で食べられている。
    水分が多いので揚げ物やバター焼きになっていると思われるが、まだ沖縄では食べていない。
    くせのない白身でイヤミがないので意外にいろいろ多用されているかも。
    水産基本情報
    市場での評価 主に沖縄県で食用となっている。比較的安い。
    漁法 追い込み漁、定置網
    産地 沖縄県、鹿児島県、宮崎県
    選び方
    色鮮やかなもの。触って張りのあるもの。
    味わい
    旬は不明。
    鱗は弱く取りやすい。皮はしっかりとして厚みがある。骨はあまり硬くない。
    透明感のある白身だが血合いはキレイではない。
    栄養
    寄生虫
    食べ方・料理法・作り方
    ウメイロモドキの料理法・調理法・食べ方/揚げる(唐揚げ、素揚げ)、焼く(塩焼き)、生食(焼き切り)
    ウメイロモドキの唐揚げ 水洗いしてていねいに水分を拭き取る。片栗粉をまぶして丸のまま、じっくりと二度揚げする。非常に香ばしく中心部分はしっとりしている。水分が多い分、丸ごと食べられて美味しい。

    ウメイロモドキの塩焼き 水洗いして水分をよくきり、振り塩をする。1時間以上寝かせる。長時間寝かせてもいい。これをじっくり焼き上げる。中はしっとりして身離れがいい。捨てがたい味。
    ウメイロモドキの焼き切り 水洗いして三枚に下ろして腹骨、血合い骨を取る。水分をよく拭き取る。皮目をあぶり、冷水に落として粗熱をとり水分をよくきる。焼くことでこの皮の風味が生きてくる。
    好んで食べる地域・名物料理
    加工品・名産品
    釣り情報
    歴史・ことわざ・雑学など
    参考文献・協力
    協力/ねこや商店(宮崎県日南市油津)
    『日本産魚類検索 全種の同定 第三版』(中坊徹次編 東海大学出版会)
  • 主食材として「ウメイロモドキ」を使用したレシピ一覧

関連コンテンツ