ヘラルドコガネヤッコ(Yellow Angelfish)

Scientific Name / Centropyge heraldi Woods and Schultz, 1953

ヘラルドコガネヤッコの形態写真

SL 10cm前後になる。全身が黄色で目の周りに暗色斑があり黄色い不規則なスジ模様がある。尾鰭は丸い。

    • 魚貝の物知り度

      ★★★★★
      知っていたら学者級
    • 食べ物としての重要度


      食用として認知されていない
    • 味の評価度


    分類

    硬骨魚綱条鰭亜綱新鰭区棘鰭上目スズキ系スズキ目スズキ亜目キンチャクダイ科アブラヤッコ属

    外国名

    Yellow Angelfish

    学名

    Centropyge heraldi Woods and Schultz, 1953

    漢字・学名由来

    漢字/ヘラルド黄金奴
    由来・語源/古くはヘラルドヤッコだった。コガネヤッコ似ているが別種ということで、コガネがついた。和名は小種名である「heraldi」からつけた。これはアメリカの魚類学・動物学者Earl Stannard Herald(1914-1973)にちなんだもの。荒賀忠一は〈従来コガネヤッコ(Centropyge flavissima)と呼ばれていたのは、ほとんどが本種だったらしい、コガネヤッコは沖縄でもごく希である〉としている。『魚類大図鑑 南日本の沿岸魚』(益田一、荒賀忠一、吉野哲夫 東海大学出版会 1975)

    地方名・市場名

    生息域

    海水魚。サンゴ礁・岩礁域。
    伊豆諸島、小笠原諸島、和歌山県串本・田辺湾、高知県柏島、屋久島、トカラ列島口之島、琉球列島。
    台湾南部、東沙諸島、西沙諸島、南沙諸島、ニューギニア島南部、オーストラリア北東岸、ハワイ諸島を除く中央太平洋。

    生態

    基本情報

    観賞魚であっても食用魚ではない。

    水産基本情報

    選び方

    味わい

    栄養

    寄生虫

    食べ方・料理法・作り方 (基本はオススメ順掲載です)

    好んで食べる地域・名物料理

    加工品・名産品

    釣り情報

    歴史・ことわざ・雑学など

    参考文献・協力

    協力/河村雄太さん(沖縄県石垣市)
    『日本産魚類検索 全種の同定 第三版』(中坊徹次編 東海大学出版会)、『日本産魚類全種の学名 語源と解説』(中坊徹次・平嶋義宏 東海大学出版部 2015)
  • 主食材として「ヘラルドコガネヤッコ」を使用したレシピ一覧

関連コンテンツ