ズワイガニ(雌)(英名/Queen crab,Snow crab,Zuwai-crab フランス名/Crabe des neiges)

Scientific Name / Chionoecetes opilio (O.Fabricius,1788)

代表的な呼び名メスガニ

ズワイガニ(雌)の形態写真

甲長(甲羅の前後の幅)7cm-8cmになる。甲と比べて脚が極端に細く雄と比べると短い。

  • 魚貝の物知り度 食べ物としての重要度 味の評価度

    ★★★

    知っていたら通人級

    ★★★★

    重要

    ★★★★

    非常に美味
    分類
    節足動物門甲殻上綱軟甲綱(エビ綱)真軟綱亜綱(エビ亜綱)エビ上目十脚目短尾下目ケセンガニ科ズワイガニ属
    外国名
    英名/Queen crab,Snow crab,Zuwai-crab フランス名/Crabe des neiges
    学名
    Chionoecetes opilio (O.Fabricius,1788)
    漢字・学名由来
    漢字 頭矮蟹 Zwaigani
    由来・語源
    ■ 頭(甲羅の部分)が足に対して小さいため。
    ■ 「ず」は頭(かしら)のことで、もっとも偉い、もしくは先頭という意味になり、「カニの頭」すなわち「カニの王様」のこと。
    地方名・市場名 [?]
    メガニ[雌がに]
    場所山形県酒田市 
    メスガニ セイコガニ セコガニ
    場所山陰 性別雌 
    コガニ[小がに]
    場所山陰 サイズ / 時期雌 
    コッペガニ
    場所京都府丹後、京都市 
    コウバコガニ[子箱がに・香箱がに]
    場所北陸 備考「子箱がに」は子を持っているから。「香箱がに」は風味のよさから。 
    タラバガニ
    場所日本海側など 備考また1960年代など日本海側などで「タラバガニ」と呼ばれていたこともある。 
    生息域
    北極海のアラスカ沖、グリーンランド西岸、北米の大西洋、太平洋沿岸からベーリング海、南米のチリ沿岸。オホーツク海から日本海、太平洋側では犬吠埼以北。
    生態
    産卵は年に一回。
    山陰沖のズワイガニが初めて産卵する時期は6月〜8月、2階目以降は2月〜3月。
    オホーツク海では産卵は2年に一度、産卵期は2月〜3月。
    甲殻類、二枚貝、クモヒトデ類、魚類、イカ類、ゴカイ、巻貝、ツノガイなどをエサとする。
    基本情報
    雄とは別のカニと思っていい。
    古くは産地だけの消費だったもの。
    雄よりも遥かに安いので子供などのおやつとなっていた。
    鮮魚としても、また浜ゆでになったものなど、最近では関東などにも入荷してくるようになっている。
    水産基本情報
    市場での評価 ゆでたもの、活けものが少なからず入荷してきている。値段は安い。雄と雌では著しく取り扱いが違う。雌の方が安い。
    漁法 底曵網、カゴ漁
    主な産地 日本海周辺など
    選び方
    活けは元気なもの。持って重さを感じるもの。外子(産卵してしまって、腹に卵を抱えている)を抱えていないもの。
    味わい
    足の筋肉は少なく、内子とみそを味わうもの。
    足の筋肉にも甘みがあり、カニ独特の香りがあって美味。
    内子は甘く濃厚な甘さがある。
    しかも後味がいい。
    栄養
    寄生虫
    食べ方・料理法・作り方
    ズワイガニ(雌ガニ)の料理法・調理法・食べ方/煮る(塩ゆで)
    雌ガニの塩ゆで(ズワイガニ雌) 蒸すか、ゆでるかだが、基本的にはゆでるのではないか? 表面の汚れなどをざっと洗い。やや強めの塩水で10分から15分ゆでる。甲羅下、脚に筋肉があり、雄と変わらぬ甘味と味わいが楽しめる。


    雌ガニの塩ゆで(ズワイガニ雌) 筋肉もおいしいが、雌ガニの味が内子にある。買い求めるとき、あまりおいしくない外子があまり大きくないことを確かめて買う。内子のうまさは文字にすべくもない。官能的な味である。
    好んで食べる地域・名物料理
    本州日本海各地。
    加工品・名産品
    ゆでがに 兵庫県丹波地方(津居山、香住)
    釣り情報
    歴史・ことわざ・雑学など
    ズワイガニ5種
    ズワイガニ Chionoecetes opilio (O.Fabricius,1788) 北極海のアラスカ沖、グリーンランド西岸、北米の大西洋、太平洋沿岸からベーリング海、南米のチリ沿岸。オホーツク海から日本海、太平洋側では犬吠埼以北。
    ベニズワイガニ Chionoecetes japonicus Rathbun,1932 日本海、太平洋、オホーツク海
    オオズワイガニ Chionoecetes bairdi Rathbun,1924 北海道噴火湾、北見沖。ベーリング海、アリューシャン列島、アラスカ半島、ブリティッシュコロンビア沿岸。
    トゲズワイガニ Chionoecetes angulatus Rathbun, 1924 カムチャツカ半島、ベーリング海~オレゴン州。
    ミゾズワイガニ Chionoecetes tanneri Rathbun, 1893 ベーリング海~カリフォルニア州
    参考文献・協力
    『新北のさかなたち』(水島敏博、鳥澤雅他 北海道新聞社)、『大型甲殻類図鑑Ⅰ・Ⅱ』(三宅貞祥 保育社)
  • 主食材として「ズワイガニ(雌)」を使用したレシピ一覧

関連コンテンツ