イボツノガニ

Scientific Name / Sphenocarcinus stimpsoni (Miers, 1886)

イボツノガニの形態写真

殻長12ミリ前後になる。甲は三角形で額角は二つに分かれる。甲に疣上のふくらみがある。富津市金谷。

    • 魚貝の物知り度

      ★★★★★
      知っていたら学者級
    • 食べ物としての重要度


      食用として認知されていない
    • 味の評価度


    分類

    節足動物門甲殻上綱軟甲綱(エビ綱)真軟綱亜綱(エビ亜綱)エビ上目十脚目短尾下目クモガニ科イボツノガニ属

    外国名

    学名

    Sphenocarcinus stimpsoni (Miers, 1886)

    漢字・学名由来

    漢字 疣角蟹
    由来・語源 甲に疣上の突起がある角を伸ばした蟹の意味。
    Stimpson
    William Stimpson(ウイリアム・スティンプソン 1832-1872 アメリカ)。動物分類学・海洋生物学。スナガニ、ババガゼ、サルエビなど。「stimpsoni 」は献名されたもの。

    地方名・市場名

    生息域

    海水生。東京湾〜土佐湾。韓国、フィリピン、カイ諸島、スリランカ沿岸。
    水深40〜680メートル。

    生態

    基本情報

    水産基本情報

    選び方

    味わい

    栄養

    寄生虫

    食べ方・料理法・作り方 (基本はオススメ順掲載です)

    好んで食べる地域・名物料理

    加工品・名産品

    釣り情報

    歴史・ことわざ・雑学など

    参考文献・協力

    『原色日本大型甲殻類図鑑 Ⅰ、Ⅱ』(三宅貞祥 保育社)
  • 主食材として「イボツノガニ」を使用したレシピ一覧

関連コンテンツ