イッカクガニ

Scientific Name / Menaetius monoceros (Latreille,1825)

イッカクガニの形態写真

甲長12ミリ前後になる。甲は涙形。額角は一角ではなく、先が二つに分かれている、

    • 魚貝の物知り度

      ★★★★★
      知っていたら学者級
    • 食べ物としての重要度


      食用として認知されていない
    • 味の評価度


    分類

    節足動物門甲殻上綱軟甲綱(エビ綱)真軟綱亜綱(エビ亜綱)エビ上目十脚目短尾下目クモガニ科イッカクガニ属

    外国名

    学名

    Menaetius monoceros (Latreille,1825)

    漢字・学名由来

    漢字 一角蟹
    由来・語源 額角(目と目の真ん中にある角)が一角であるから。ただし実際は先が二股に分かれる。

    地方名・市場名

    生息域

    海水生。房総半島〜九州・琉球列島。インド・西太平洋域、ハワイ、オーストラリア東沿岸。
    サンゴ礁、潮間帯下部。

    生態

    基本情報

    水産基本情報

    選び方

    味わい

    栄養

    寄生虫

    食べ方・料理法・作り方 (基本はオススメ順掲載です)

    好んで食べる地域・名物料理

    加工品・名産品

    釣り情報

    歴史・ことわざ・雑学など

    参考文献・協力

    05/03.20 沖縄 千葉市の都築さんから
  • 主食材として「イッカクガニ」を使用したレシピ一覧

関連コンテンツ