アカウニ(Red sea urchin)

Scientific Name / Pseudocentrotus depressus (A. Agassiz, 1863)

アカウニの形態写真

10センチ前後になる。全体に赤味を帯び、高さが著しく低い。
アカウニの生物写真一覧 (クリックで上に拡大表示)
10センチ前後になる。全体に赤味を帯び、高さが著しく低い。
    • 物知り度

      ★★★★
      知っていたら達人級
    • 食べ物としての重要度

      ★★
      地域的、嗜好品的なもの
    • 味の評価度

      ★★★★
      非常に美味

    分類

    棘皮動物門ウニ綱真ウニ亜綱ホンウニ区ホンウニ目オオバフンウニ科アカウニ属

    外国名

    Red sea urchin

    学名

    Pseudocentrotus depressus (A. Agassiz, 1863)

    漢字・学名由来

    漢字 赤雲丹、赤海胆、赤海栗
    由来・語源 全体に赤いため。

    地方名・市場名

    アカガゼ
    場所新潟県佐渡 参考『佐渡の味』(浜口一夫 野島出版 1979) 

    生息域

    海水生。東京湾以南九州まで棲息。
    やや深い水深2、3メートル以上にいる。

    生態

    アリストートル氏提灯と呼ぶ5個の石灰質の歯が合わさった器官で岩上の有機物、植物(藻)などを削り取って食べている。
    雌雄異体(しゆういたい 雄、雌にわかれる)。
    食用になるのは生殖腺(雄は精巣、雌は卵巣)。

    基本情報

    暖かい地域に多く、夏〜秋に旬を迎える。
    西日本では重要な食用ウニ。
    比較的産地周辺でのみ流通。

    水産基本情報

    市場での評価 入荷量は少ない。初夏から秋に食べるウニで高値となる。
    漁法 潜水漁、見突き漁
    産地

    選び方

    味わい

    旬は秋。
    生殖巣は黄色。
    旨みと甘みはやや少なくさっぱりしている。

    栄養

    寄生虫

    食べ方・料理法・作り方 (基本はオススメ順掲載です)

    調理法 生食、焼く、蒸す
    生食◆生で食べることは多い。比較的あっさりした味わい。海胆の風味、旨み甘みがほどよく美味。
    焼く◆焼くと、甘み旨みは少なくなるが、独特の風味が生まれる。
    蒸す◆蒸すことで保存がきくが、全体に味わいは薄まる。

    好んで食べる地域・名物料理

    加工品・名産品

    粒うに(塩ウニ)/山陰などで作られる、ウニの塩漬け。

    釣り情報

    歴史・ことわざ・雑学など

    参考文献・協力

    『水産無脊椎動物学』(椎野季雄 培風館)、『新版 水産動物学』(谷田専治 恒星社厚生閣)
  • 主食材として「アカウニ」を使用したレシピ一覧

関連コンテンツ