サリロタ(Tadpole codling, Red Cod)

Scientific Name / Salilota australis  (Günther, 1878)

代表的な呼び名ベニダラ

サリロタの形態写真

体長50cm前後。

    • 魚貝の物知り度

      ★★★★★
      知っていたら学者級
    • 食べ物としての重要度

      ★★
      地域的、嗜好品的なもの
    • 味の評価度


    分類

    Actinopterygii/Paracanthopterygii/Gadiformes/Moridae/Salilota
    顎口上綱硬骨魚綱条鰭亜綱新鰭区側棘鰭上目タラ目チゴダラ科サリロタ属

    外国名

    Tadpole codling, Red Cod

    学名

    Salilota australis  (Günther, 1878)

    漢字・学名由来

    漢字 紅鱈
    由来・語源 色合いから。

    地方名・市場名

    生息域

    海水魚。水深30-1000m。
    大西洋南東部、大西洋南西部。アルゼンチン、チリ、フォークランド諸島。

    生態

    基本情報

    主にすり身原料として利用されている。
    また卵巣はスペインなどで、からすみ(Huevas de Maruca)に加工されている。

    水産基本情報

    Gadiformes/Moridae/Salilota

    選び方

    味わい

    栄養

    寄生虫

    食べ方・料理法・作り方 (基本はオススメ順掲載です)

    好んで食べる地域・名物料理

    加工品・名産品

    釣り情報

    歴史・ことわざ・雑学など

    参考文献・協力

    協力/金田聡さん
  • 主食材として「サリロタ」を使用したレシピ一覧

関連コンテンツ