アラスジサラガイ(英名/Northern great tellin)

Scientific Name / Megangulus zyonoensis (Hatai and Nisiyama,1939)

アラスジサラガイの形態写真

殻長11cm前後になる。殻が厚く持ち重りする。貝殻表面の白い皮はややとれやすく貝殻のいちばん上部(貝頂)から同心円上にある筋(成長肋)がはっきりしている
アラスジサラガイの生物写真一覧 (クリックで上に拡大表示)
殻長11cm前後になる。殻が厚く持ち重りする。貝殻表面の白い皮はややとれやすく貝殻のいちばん上部(貝頂)から同心円上にある筋(成長肋)がはっきりしている殻長11cm前後になる。殻が厚く持ち重りする。貝殻表面の白い皮はややとれやすく貝殻のいちばん上部(貝頂)から同心円上にある筋(成長肋)がはっきりしている貝殻はあまりふくらまない。貝殻の内側は赤紫色をしている。
  • 魚貝の物知り度 食べ物としての重要度 味の評価度

    ★★★★

    知っていたら達人級

    ★★★

    一般的(流通量は多くも少なくもない)

    ★★★

    美味
    分類
    軟体動物門二枚貝綱異歯亜綱マルスダレガイ目ニッコウガイ科サラガイ属
    外国名
    英名/Northern great tellin
    学名
    Megangulus zyonoensis (Hatai and Nisiyama,1939)
    漢字・学名由来
    漢字 荒筋皿貝
    由来・語源 黒田徳米の命名。サラガイの仲間で成長脈が粗い。
    地方名・市場名 [?]
    マンジュガイ シロガイ シロカイ[白貝]
    生息域
    海水生。銚子、北陸以北。サハリン、カムチャツカ。
    サラガイよりも深い場所、水深10メートルから60メートルの砂泥地。
    生態
    基本情報
    サラガイ属はウバガイ漁の混獲物だったもので流通上は「白貝(しろがい)」と呼ばれている。いちばん多いのがサラガイで、次いで本種が多い。サラガイよりも大きくなるので刺身にもしやすい。
    北海道の胆振以東に多く、他を圧倒している。
    古くは日本海側の北陸以北で人気があったが、今や関東でも「白貝」として人気が出ている。
    水産基本情報
    市場での評価 北海道太平洋側からの入荷が多い。市場では「シロガイ」と呼ばれ関東でも定番的なものとなっている。値段は安い。
    ●関東に入荷する「シロガイ(白貝)」はアラスジサラガイ、ベニザラガイ、サラガイの3種類。サラガイがいちばん小振りなので安い。
    漁法 貝けた網漁(「ホッキガイ(ウバガイ)」、「アオヤギ(バカガイ)」漁に混ざってとれる)
    産地 北海道、青森県
    選び方
    原則的に生きているもの。貝殻につやのあるもの。
    味わい
    旬は春〜夏
    足はクセがなく、また貝特有の風味も薄い。
    貝全体では旨みもほどほどにある。
    熱を通しても硬くならない。
    サラガイよりも大型になり、刺身に作りやすい。
    栄養
    寄生虫
    食べ方・料理法・作り方
    生食(刺身、酢のもの)、炒める(野菜炒め)、ソテー(ジョン、ムニエル)、煮る(ワイン蒸し、卵とじ)、汁(みそ汁)、リゾット
    ■ 料理法はアラスジサラガイ、サラガイは共通。

    アラスジサラガイの刺身 アオヤギ(バカガイ)と同様、剥いて足だけにして湯通しして冷水であら熱を取り、水分をよくきる。これを開いて刺身にする。完全な生で食べてもまずいわけではないが、軽く熱を通すと甘みが出る。ただしアオヤギのような個性には欠ける。軽く湯がいたものを酢の物、和え物にしても美味。

    アラスジサラガイの焼き貝 貝殻の浅い方を剥き、深い方の貝柱を切る。これをできれば上下の火で下火だけなら強火で短時間に焼き上げる。仕上げに酒・しょうゆを合わせたもので味つけをする。とにかく香りがいい。食べて甘味があり、ほどよい食感で美味。
    アラスジサラガイのワイン蒸しアラスジサラガイのワイン蒸し 酒蒸しにして美味。オリーブオイルにニンニクの風味づけをして、本種を投入。ワインを振りかけて中火でゆっくり蒸し煮にしていく。必ずフランスパンを用意すること。
    アラスジサラガイのジョンアラスジサラガイのジョン 剥き身にして内臓などを取り去る。ここに小麦粉をまぶして溶き卵にくぐらせてごま油で焼き上げたもの。貝はまだ軟らかく、ジューシーに仕上がる。コチュジャンやしょうゆとごま油をつけて食べるが実にうまい。
    アラスジサラガイのムニエルアラスジサラガイのムニエル 片貝のみ残して砂などをよく洗い流す。水分をよく切り、塩コショウして小麦粉をまぶして強火でソテーする。仕上げにバターを加えると出来上がり。貝らしいうま味が浮き上がってきて甘味が強くて味わい深い。
    アラスジサラガイの野菜炒め野菜炒め 要するに肉の代わりに入れるというもの。剥き身にしてよく砂を落とし、野菜炒めにする野菜と炒めて塩コショウで味つけした。実にうま味の強いエキスが出て野菜とからんでおいしい。北海道白老などでは朝ご飯に食べたと言うがわかる気がする。
    アラスジサラガイのみそ汁アラスジサラガイのみそ汁 剥き身にして砂などをよく洗い流し、水を切る。これを水から煮出してみそを溶く。湯に入れると汁のうま味は劣るが身はふっくらとしていい。アサリほど濃厚なうま味はないがとても美味。
    アラスジサラガイの卵とじ丼 卵との相性がいい。むき身にして適当に切る。ワタは外しても外さなくてもいい。ワタがあると濃厚な味になる。酒・みりん・しょうゆ・水(カツオ節出しでも)を合わせたものでねぎか玉ねぎなどを煮て、切った軟体を入れて五分通り火が通ったら卵でとじる。野菜、とじ加減はお好みで。

    アラスジサラガイのリゾット みそ汁、おじや(雑炊)、リゾットなど、だしと軟体自体を余すところなく楽しめる。アラスジサラガイは塩ゆでして軟体を外し、適当に切る。洗わない米と玉ねぎやニンジン、セロリなどをみじん切りにして多めのオリーブオイルとにんにくでソテーしてゆで汁、ローリエを加える。米が柔らかくなってきたら軟体を戻す。ハーブ類はフェンネル、ディルなどなんでもいい。香辛料もコショウ、ヒハツモドキなどなにを使ってもいい。
    好んで食べる地域・名物料理
    加工品・名産品
    釣り情報
    歴史・ことわざ・雑学など
    参考文献・協力
    『日本近海産貝類図鑑』(奥谷喬司編著 東海大学出版局)
  • 主食材として「アラスジサラガイ」を使用したレシピ一覧

関連コンテンツ