アシナガイバラモエビ

Scientific Name / Lebbeus longipes (Kobjakova,1936)

アシナガイバラモエビの形態写真

新潟県では小エビとして売られると言う大変うまいエビなので見つけたら買うべし

    • 魚貝の物知り度

      ★★★★★
      知っていたら学者級
    • 食べ物としての重要度

      ★★
      地域的、嗜好品的なもの
    • 味の評価度

      ★★★★
      非常に美味

    分類

    節足動物門甲殻亜門軟甲綱(エビ綱)真軟甲亜綱エビ上目十脚目抱卵亜目十脚目コエビ下目モエビ科イバラモエビ属

    外国名

    学名

    Lebbeus longipes (Kobjakova,1936)

    漢字・学名由来

    漢字 脚長棘藻海老、脚長棘藻蝦
    由来・語源 不明

    地方名・市場名

    生息域

    海水生。日本海。

    生態

    基本情報

    水産基本情報

    新潟では「小えび」として雑魚えび扱いであるという。

    選び方

    味わい

    栄養

    寄生虫

    食べ方・料理法・作り方 (基本はオススメ順掲載です)

    調理法
    かき揚げ/刺身
    鮮度さえよければ生は甘味があってうまい。定番はかき揚げであるがこれはうまい。

    好んで食べる地域・名物料理

    加工品・名産品

    釣り情報

    歴史・ことわざ・雑学など

    参考文献・協力

    新潟県上越市片岡鮮魚店
    同定者/駒井智幸(千葉県立中央博物館)
  • 主食材として「アシナガイバラモエビ」を使用したレシピ一覧

関連コンテンツ