ユウダチトラギス(台湾/十橫斑擬鱸、 海狗甘仔、狗、舉目魚、雨傘閂、花狗母海、沙鱸、狗母梭(臺東))

Scientific Name / Parapercis decemfasciata (Franz,1910)

ユウダチトラギスの形態写真

15cm SL 前後になる。細長く全体に赤い。背鰭から腹にかけてやや斜め下方に薄い褐色の縞模様がある。
ユウダチトラギスの生物写真一覧 (クリックで上に拡大表示)
15cm SL 前後になる。細長く全体に赤い。背鰭から腹にかけてやや斜め下方に薄い褐色の縞模様がある。15cm SL 前後になる。細長く全体に赤い。背鰭から腹にかけてやや斜め下方に薄い褐色の縞模様がある。ユウダチトラギスとオキトラギスの見分け方/背鰭から腹にかけてやや斜め下方に薄い褐色の縞模様がある。オキトラギスにも褐色の横縞があるが色が濃くより太い。[写真上オキトラギス、下ユウダチトラギス]
  • 魚貝の物知り度 食べ物としての重要度 味の評価度

    ★★★★

    知っていたら達人級

    食用として認知されていない

    ★★★

    美味
    分類
    硬骨魚綱条鰭亜綱新鰭区棘鰭上目スズキ系スズキ目ワニギス亜目トラギス科トラギス属
    外国名
    台湾/十橫斑擬鱸、 海狗甘仔、狗、舉目魚、雨傘閂、花狗母海、沙鱸、狗母梭(臺東)
    学名
    Parapercis decemfasciata (Franz,1910)
    漢字・学名由来
    漢字 夕立虎鱚 Yudatitoragisu
    由来・語源 田中茂穂の命名。褐色の横縞が斜めであり、夕立の雨脚のようであるから。
    地方名・市場名 [?]
    生息域
    海水魚。水深100メートル前後の大陸棚砂泥地。
    相模湾〜九州南岸の太平洋沿岸、九州北西岸、東シナ海、瀬戸内海。
    済州島、台湾。
    生態
    基本情報
    日本各地で水揚げされるものではあるが生息個体数が少ないためか、希にしか揚がらない。目立たないが珍魚のたぐいだろう。またオキトラギス、アカトラギスなどと一緒に揚がるために、混同されている可能性もある。
    水産基本情報
    市場での評価/流通しない。
    漁法/釣り、底曳き網
    産地/神奈川県、静岡県
    選び方
    赤い色合いの鮮やかなもの。触って張りのあるもの。
    味わい
    旬は不明。
    非常に小型で手に入れられても1固体なので詳細は不明。
    鱗は小さく硬い。皮はしっかりしている。骨はあまり硬くない。
    上質な白身。
    栄養
    寄生虫
    食べ方・料理法・作り方
    ユウダチトラギスの料理法・調理法・食べ方/揚げる(唐揚げ)、煮る(煮つけ)

    ユウダチトラギスの唐揚げ 非常に小振りなので刺身にするのは難しい。開いて天ぷらにしても歩留まりが悪いので、唐揚げにしてみた。水洗いして片栗粉をまぶして揚げる。二度揚げすると中骨まで丸ごと食べられる。香ばしくてとても味わい深い。
    好んで食べる地域・名物料理
    加工品・名産品
    釣り情報
    歴史・ことわざ・雑学など
    参考文献・協力
    協力/さんの水産(神奈川県小田原市 ■https://www.sanno-suisan.com/)
    『図説有用魚類千種 正続』(田中茂穂・阿部宗明 森北出版 1955年、1957年)、『日本産魚類検索 全種の同定 第三版』(中坊徹次編 東海大学出版会 20130226)、台湾魚類資料庫
  • 主食材として「ユウダチトラギス」を使用したレシピ一覧

関連コンテンツ