オグロトラギス(Blacktail Grubfish)

Scientific Name / Parapercis pacifica Imamura and Yoshino, 2007

オグロトラギスの形態写真

SL 20cm前後になる。尾鰭に円形の黒い斑紋がある。

  • 魚貝の物知り度 食べ物としての重要度 味の評価度

    ★★★★★

    知っていたら学者級

    ★★

    地域的、嗜好品的なもの

    ★★

    まずくはない
    分類
    硬骨魚綱条鰭亜綱新鰭区刺鰭上目スズキ系スズキ目ワニギス亜目トラギス科トラギス属
    外国名
    Blacktail Grubfish
    学名
    Parapercis pacifica Imamura and Yoshino, 2007
    漢字・学名由来
    漢字/尾黒虎鱚
    由来・語源/尾鰭の中央部分が黒いため。
    地方名・市場名 [?]
    生息域
    海水魚。浅い砂礫域、サンゴ礁域。
    伊豆諸島、和歌山県串本、高知県柏島、愛媛県愛南、屋久島、琉球列島。
    台湾、東沙諸島、西沙諸島、南沙諸島、モーリシャス、モルジブ諸島、東インド-ハワイ諸島を除く太平洋。
    生態
    1月末の個体は抱卵していた。
    基本情報
    サンゴ礁域などにいるトラギス類で利用されているかなどは不明。
    水産基本情報
    市場での評価/不明
    漁法/
    産地/
    選び方
    色合いが鮮やかで触って張りのあるもの。
    味わい
    旬は不明だが、秋から冬である可能性がある。
    鱗は細かく強いものの取りやすい。皮はやや厚みがあって強い。骨はあまり硬くない。
    透明感のある白身で熱を通しても硬く締まらない。
    栄養
    寄生虫
    食べ方・料理法・作り方
    オグロトラギスの料理法/揚げる(天ぷら)、煮る(まーす煮)

    オグロトラギスの天ぷら 水洗いして開いて水分をよく拭き取る。これに小麦粉をまぶして衣をつけて高めの油で短時間で揚げる。揚げるとふんわりと膨らむものの、身と皮ともにそれほど味があるわけではない。
    オグロトラギスのまーす煮(塩煮) 水洗いして水分をよく拭き取っておく。これをやや強めの塩水で短時間強火にて煮上げたもの。身は煮ても硬くならず、上品な白身のおいしさが感じられる。
    好んで食べる地域・名物料理
    加工品・名産品
    釣り情報
    歴史・ことわざ・雑学など
    参考文献・協力
    協力/河村雄太さん(沖縄県石垣島)
    『日本産魚類検索 全種の同定 第三版』(中坊徹次編 東海大学出版会 20130226)
  • 主食材として「オグロトラギス」を使用したレシピ一覧

関連コンテンツ