ミナミゾウリエビ

Scientific Name / Parribacus antarcticus (Lund, 1793)

ミナミゾウリエビの形態写真

15センチほどになる。和名のように典型的な草履型、扁平。表面に顆粒状の粒が点在し、褐色で磯場の岩礁に溶け込む色合いをしている。ゾウリエビよりも左右が狭い。

    • 魚貝の物知り度

      ★★★★★
      知っていたら学者級
    • 食べ物としての重要度

      ★★
      地域的、嗜好品的なもの
    • 味の評価度

      ★★★★
      非常に美味

    分類

    節足動物門甲殻亜門軟甲綱(エビ綱)真軟甲亜綱エビ上目十脚目抱卵亜目イセエビ下目セミエビ科ゾウリエビ属

    外国名

    学名

    Parribacus antarcticus (Lund, 1793)

    漢字・学名由来

    漢字 草履蝦、草履海老
    由来・語源 ゾウリエビに似て、熱帯に多いという意味合い。姿形がぞうり(草履)に似ているため。

    地方名・市場名

    ワラジ[草鞋]
    場所沖縄県南城市知念 参考『美ら海市場図鑑 知念市場の魚たち』(三浦信男 ぬにふぁ星 2012) 
    ゾウリ[草履]
    場所沖縄県南城市知念漁協 参考『美ら海市場図鑑 知念市場の魚たち』(三浦信男 ぬにふぁ星 2012) 

    生息域

    海水生。岩礁域、サンゴ礁域。
    和歌山県以南ではないかと思っている。

    生態

    基本情報

    外洋に面した岩礁域にいる。ゾウリエビは徐々に人気が出て来ているが、紀伊半島以南ではゾウリエビと混同されている可能性が強い。セミエビ科でも小振りであるのと、まとまって取れないので評価が低いが、味は抜群にいい。

    水産基本情報

    市場での評価/沖縄などでは本種の方がゾウリエビよりも多いと思う。やや高価。
    漁法/刺し網
    産地/沖縄県、鹿児島県

    選び方

    原則的に生きているもの。死んだものはできるだけ早く料理する。

    味わい

    旬は不明。
    小型で成長しても手の平にのる。殻は硬く厚みがある。
    筋肉は充実していて、みそも味がいい。

    栄養

    寄生虫

    食べ方・料理法・作り方 (基本はオススメ順掲載です)

    ミナミゾウリエビの料理法・調理法・食べ方/ゆでる(塩ゆで)、汁(みそ汁)、生食(刺身)

    ミナミセミエビのみそ汁 イセエビなど海底を這うタイプのエビ類で、もっとも基本的な料理法はみそ汁である。できれば生きているものを適当に切り、水から煮出してみそを溶く。実に深い味わいでエビの香りが高い。筋肉もあまり硬く締まりすぎずとてもうまい。

    ミナミイセエビの刺身 殻を剥き、身を葉がしとる。食べやすい大きさに切り、冷たく冷やした塩水のなかで締めたもの。適度にしまった身に甘みがあり、適度に心地よい食感がある。エビらしい風味もある。

    好んで食べる地域・名物料理

    加工品・名産品

    釣り情報

    歴史・ことわざ・雑学など

    参考文献・協力

    協力/田中水産(鹿児島県鹿児島市 http://tanakasuisan-kagoshima.com/)
  • 主食材として「ミナミゾウリエビ」を使用したレシピ一覧

関連コンテンツ