ヒメヒイラギ(Slender ponyfish)

Scientific Name / Equulites elongatus (Günther,1874)

ヒメヒイラギの形態写真

体長9cm前後になる。ヒイラギ科ではもっとも体高が低い。

    • 魚貝の物知り度

      ★★★★★
      知っていたら学者級
    • 食べ物としての重要度

      ★★
      地域的、嗜好品的なもの
    • 味の評価度

      ★★★
      美味

    分類

    顎口上綱硬骨魚類条鰭亜綱新鰭区棘鰭上目スズキ系スズキ目スズキ亜目ヒイラギ科イトヒキヒイラギ属

    外国名

    Slender ponyfish

    学名

    Equulites elongatus (Günther,1874)

    漢字・学名由来

    漢字 姫柊
    由来・語源 ヒイラギの仲間で小型であるの意。

    地方名・市場名

    生息域

    海水魚。沿岸の浅海。
    石川県能登半島、山口県日本海側、九州の東シナ海沿岸、(千葉県外房勝浦)、相模湾〜九州南岸の太平洋沿岸。
    済州島、台湾、インド-西太平洋(紅海とペルシャ湾をのぞく。西インド洋には少ない)。

    生態

    基本情報

    定置網などで揚がるが、利用している地域を知らない。これは本州では小振りなためだろう。
    思った以上に味のいい魚でもっと利用されてもいい。

    水産基本情報

    市場での評価/まだ流通上は見ていない。
    漁法/定置網
    産地/鹿児島県

    選び方

    触って張りのあるもの。斑紋のくっきりして黒いもの。

    味わい

    旬は不明。
    鱗はほとんど気にならない。皮はきわめて薄い。骨は中骨以外は柔らかい。
    透明感のある白身で血合いが強い。
    料理の方向性
    骨が柔らかいので揚げると丸ごと食べることができる。上質の白身でアジ科を思わせるうま味がある。小さすぎるのが難点だが、魅力的な味だ。

    栄養

    寄生虫

    食べ方・料理法・作り方 (基本はオススメ順掲載です)


    ヒメヒイラギの唐揚げヒメヒイラギの唐揚げ 内臓が少なくきれいだったので、そのままさっと洗い、水分をよくきって揚げてもいい。ただていねいに頭部を取り、内臓を洗い流してあげると仕上がりがきれいだ。片栗粉をまぶしてじっくり二度揚げする。さくさくと香ばしく、ほんのりと甘味がある。
    ヒメヒイラギの干ものヒメヒイラギの干もの 内臓がきれいな魚なので、真水でさっと洗い、水分をよく切る。塩水につけ込み(今回は10分)、水分をよくきり、半日干し上げた(天候などをみて干す時間を決める)。さっとあぶるか、フライパンでから煎りする。オキヒイラギよりも左右に厚みがあるので熱を通すのに時間がかかる。
    ヒメヒイラギの潮汁ヒメヒイラギの潮汁 ヒメヒイラギは内臓がきれいなので、そのままでも、また頭部を落として内臓を洗い流して使ってもいい。ともによく水分をきっておく。昆布だしにヒメヒイラギを入れてあくをすくいながら煮出す。仕上げに酒、塩で味つけする。
    ヒメヒイラギの煮つけヒメヒイラギの煮つけ 小さい魚で内臓がきれいなので、そのまま真水で洗って水分をきる。これを酒、みりん、砂糖、しょうゆを合わせた地で煮る。柔らかく仕上げたいなら水を加える。意外に身離れがよく強い骨がないので食べやすい。

    好んで食べる地域・名物料理

    加工品・名産品

    釣り情報

    歴史・ことわざ・雑学など

    参考文献・協力

    『日本産魚類検索 全種の同定 第三版』(中坊徹次編 東海大学出版会 20130226)
  • 主食材として「ヒメヒイラギ」を使用したレシピ一覧

関連コンテンツ