ゾウゲバイ(台湾/鳳螺)

Scientific Name / Babylonia areolata (Link, 1807)

ゾウゲバイの形態写真

殻高50mm前後になる。貝殻は白く陶磁器のような透明感が感じられる。斑紋は黒褐色。
ゾウゲバイの生物写真一覧 (クリックで上に拡大表示)
殻高50mm前後になる。貝殻は白く陶磁器のような透明感が感じられる。斑紋は黒褐色。殻高50mm前後になる。貝殻は白く陶磁器のような透明感が感じられる。斑紋は黒褐色。
  • 魚貝の物知り度 食べ物としての重要度 味の評価度

    ★★★★★

    知っていたら学者級

    ★★

    地域的、嗜好品的なもの

    ★★★★

    非常に美味
    分類
    軟体動物門腹足綱前鰓亜綱新腹足目アクキガイ超科バイ科バイ属
    外国名
    台湾/鳳螺
    学名
    Babylonia areolata (Link, 1807)
    漢字・学名由来
    漢字/象牙蛽
    由来・語源/黒田徳米の命名。貝殻の色が象牙を思わせる透明感のある白だから。模式産地は台湾。
    地方名・市場名 [?]
    生息域
    海水生。
    台湾以南。
    生態
    基本情報
    台湾ではもっとも普通の食用巻き貝。
    水産基本情報
    市場での評価/国内では見たことがない。
    漁法/カゴ漁
    産地/台湾
    選び方
    原則的に生きているもの。
    味わい
    旬は不明。
    貝殻は薄く硬い。軟体は大きく、ワタに苦みなどはなく美味。
    栄養
    寄生虫
    食べ方・料理法・作り方
    ゾウゲバイの料理法・調理法・食べ方/煮る(酒蒸し、しょうゆ煮)
    好んで食べる地域・名物料理

    ゾウゲバイの酒蒸し 台湾の海鮮料理店ではいたって普通。タイワンバイなどと一緒に売られていて、買うと酒と塩でさっと熱を通して出してくれる。軟体が柔らかく、あっさりした味つけでいくつでも食べられる。

    加工品・名産品
    釣り情報
    歴史・ことわざ・雑学など
    参考文献・協力
    『原色圖鑑 世界の貝』(鹿間時夫、堀越増興 北隆館 1963)
  • 主食材として「ゾウゲバイ」を使用したレシピ一覧

関連コンテンツ