シロシュモクザメ(Smooth hammerhead)

Scientific Name / Sphyrna zygaena (Linnaeus,1758)

代表的な呼び名シュモクザメ

シロシュモクザメの形態写真

TL4m前後になる。細長く頭部が左右に伸びる。先端部分は丸みを帯びてくぼまない。
シロシュモクザメの生物写真一覧 (クリックで上に拡大表示)
TL4m前後になる。細長く頭部が左右に伸びる。先端部分は丸みを帯びてくぼまない。TL4m前後になる。細長く頭部が左右に伸びる。先端部分は丸みを帯びてくぼまない。先端部分は丸みを帯びてくぼまない。先端部分は丸みを帯びてくぼまない。TL4m前後になる。細長く頭部が左右に伸びる。先端部分は丸みを帯びてくぼまない。
  • 魚貝の物知り度 食べ物としての重要度 味の評価度

    ★★★★★

    知っていたら学者級

    ★★

    地域的、嗜好品的なもの

    分類
    顎口上綱軟骨魚綱板鰓亜綱サメ区ネズミザメ上目メジロザメ目シュモクザメ科シュモクザメ属
    外国名
    Smooth hammerhead
    学名
    Sphyrna zygaena (Linnaeus,1758)
    漢字・学名由来
    漢字 白鐘木鮫
    由来・語源 東京、神奈川県三崎での呼び名。鉦をたたく撞木(しゅもく)に似て筋肉(身)がやや白いため。撞木はT字型で鐘、鉦、雲盤、木盤などをたたく槌型の道具。ただし身はむしろ赤いものもある。
    Linnaeus
    Carl von Linné(カール・フォン・リンネ 1707-1778 スウェーデン)。二名法を確立。
    地方名・市場名 [?]
    アカカセ イーヘーサバ エージブカ カシー カシェエ カセ カセザメ カセノウソウ カセバン カセブカ カセワニ カセワン カナヅチ カネウチ カネウチボウ カネタタキ カンワンブカ コカセ シャミセンブカ シュモク シロシュモク ソコブカ チュノブカ チョウザメ ツノブカ ナガワニ ネンブツ ネンブツブカ ハカリメ ハタオリ ハナニメノアルテカケワニ[鼻に目のある手欠け鰐?] ヒコウキザメ マッコウカセ ミミブカ ワニザメ
    参考文献より。 
    生息域
    海水魚。沿岸や外洋の表層〜水深139m。
    北海道〜九州の日本海・太平洋・東シナ海沿岸、瀬戸内海、有明海、琉球列島、小笠原諸島。
    朝鮮半島全沿岸、間宮海峡・ピーター大帝湾、渤海、黄海、中国東シナ海沿岸、台湾、フィリピン諸島、全世界の温帯〜熱帯域。アカシュモクザメよりもやや寒冷な海域に生息。
    生態
    基本情報
    練り製品や飼料などになる。
    伊勢地方などでは「たれ(干もの)」にも。
    水産基本情報
    世界の温帯熱帯に棲息。日本では北海道まで全国にいる。体長4メートルを超える大型のサメであり、魚を食べる肉食魚である。人を襲うとして駆除されることもあるが、千葉県外房の漁師さんによるとシュモクザメは穏やかな性質で人を襲うなどと言うことはないのでは? とのこと。
    ただし定置網、巻網などではその大きな体の割に売り物ともならないので、こまった存在であるようだ。
    和歌山県や高知県では干ものなどに加工される。また島根県などでは切身で売られていることも。
    選び方
    味わい
    栄養
    寄生虫
    食べ方・料理法・作り方
    好んで食べる地域・名物料理
    加工品・名産品
    釣り情報
    歴史・ことわざ・雑学など
    参考文献・協力
    『図説有用魚類千種 正続』(田中茂穂・阿部宗明 森北出版 1955年、1957年)、『日本産魚類検索 全種の同定 第三版』(中坊徹次編 東海大学出版会 20130226)、『日本産魚名大辞典』(日本魚類学会編 三省堂)、『民具の事典』(監修/岩井宏實、編/工藤員功、作画/中林啓治 河出書房新社 2008)
  • 主食材として「シロシュモクザメ」を使用したレシピ一覧

関連コンテンツ