オニオコゼ(Devil stinger)

Scientific Name / Inimicus japonicus (Cuvier, 1829)

代表的な呼び名オコゼ

オニオコゼの形態写真

体長30センチくらいになる。身体の前方は丸く、後方は側扁する。鱗がなく、背鰭棘に毒がある。基本的に褐色だがアルビノで黄色い個体がある。
オニオコゼの生物写真一覧 (クリックで上に拡大表示)
体長30センチくらいになる。身体の前方は丸く、後方は側扁する。鱗がなく、背鰭棘に毒がある。基本的に褐色だがアルビノで黄色い個体がある。背ビレには強い毒があるので注意が必要。料理をするときには、先ず背ビレを取り除く。刺されたときには50度前後の、つけていられる限界に近い温度のお湯に刺された部分を浸す。また応急処置後は念のために病院で手当を受けるべきだ。
  • 魚貝の物知り度 食べ物としての重要度 味の評価度

    ★★★★

    知っていたら達人級

    ★★

    地域的、嗜好品的なもの

    ★★★★★

    究極の美味
    分類
    顎口上綱硬骨魚綱条鰭亜綱新鰭区棘鰭上目スズキ系スズキカサゴ亜目オニオコゼ科オニオコゼ属
    外国名
    Devil stinger
    学名
    Inimicus japonicus (Cuvier, 1829)
    漢字・学名由来
    漢字 「鬼虎魚」。
    由来・語源 「おこ」とは顔が笑えるくらいに愚かにして奇怪なこと。醜いこと。「ぜ」は魚名語尾。「鬼のように醜い魚」の意味。
    Cuvier
    バロン・ジョルジュ・レオポルド・クレティアン・フレデリック・ダゴベール・キュヴィエ(Baron Georges Léopold Chrétien Frédéric Dagobert Cuvier 1769-1832) スエーデンのリンネ、フランスのビュフォンの分類体系に解剖学や古生物学などを加味して現在の形の礎を作った巨人のひとり。
    地方名・市場名 地方名・市場名は長いため下部に移動しました。クリックでジャンプします。
    生息域
    海水魚。水深200mよりも浅い砂泥底。
    青森県〜九州南岸の日本海・東シナ海沿岸、青森県〜九州南岸の太平洋沿岸、瀬戸内海。希に小笠原諸島でも見られる。
    朝鮮半島西岸・南岸、南島岸、中国渤海南部・浙江省〜江西省、台湾。
    生態
    ■ 浅い内湾から水深200メートルに棲息する。
    ■ エビや小魚などをつかまえて食べている。
    ■ オスメスの見た目の違いはない。
    ■ 産卵期は5月から8月。産卵盛期は6月から7月。
    基本情報
    古くは西日本でとくに珍重しているもので関東には少なかった。
    最近では関東でも高級魚。
    晩春から入荷が増え、夏まで続く。
    活魚は超高級魚、野締めものでも高値をつける。
    一般家庭で食べるものではなく、もっぱら割烹料理店などで食べるもの。
    活き作り、唐揚げ、椀物など「おこぜ料理」の定番も多い。
    水産基本情報
    市場での評価 年間をとおして入荷してくるが、晩春から夏にかけて多い。野締め(漁のときに死んだもの)はやや高め。活けは非常に高価。主産地は西日本。九州、瀬戸内海などからの入荷が多い。中国などからの冷凍輸入ものもある。これはやや高値。
    漁法 刺し網、底引き網、釣り
    主な産地 九州など
    選び方
    活け、もしくは活け締めが原則。野締めは生では食べない。触って張りのあるもの。褐色の色合いの退色していないもの。
    味わい
    旬は晩春から夏
    ただし寒い時期にも味がいい。
    背鰭に毒のある棘があるので取り去ってから料理する。
    鱗はなく皮は厚くしっかりとしている。骨は軟らかい。
    やや軟らかい白身でまったくクセがない。活魚は適度に身が締まり、薄造りにしても食感がいい。
    皮、あらなどから実に味のいいだしが出る。
    液体をかいした料理の方が「焼く」よりもいい。
    栄養
    寄生虫
    食べ方・料理法・作り方
    調理法
    汁(みそ汁、潮汁、鍋など)、生食(刺身、湯引き)、煮つけ、唐揚げ
    オニオコゼの汁
    刺身にして残ったあらの汁はしょうゆ仕立て、塩仕立てともにうまい。白みそで煮ると皮と身がとろける。鍋にしても美味しい。
    オニオコゼの薄造り生食
    薄造りは定番料理のひとつ。皮を湯引きにして、活魚なら生肝を添えてもいい。厚く切るなら薄皮をそのままに湯引きにしてもうまい。
    オニオコゼの煮つけ煮つけ
    煮ても硬くならずに実にうまい。薄味で卵巣、肝などを合わて煮て味わいたい。
    オニオコゼの唐揚げ唐揚げ
    小振りのものはそのまま姿揚げにして美味。あらや皮などを揚げても実にうまい。
    好んで食べる地域・名物料理
    関西、瀬戸内海地方
    加工品・名産品
    加工品はほとんどない
    釣り情報
    歴史・ことわざ・雑学など
    ■ 「山の神にオコゼ」は古くは御伽草子(おとぎぞうし 室町から江戸時代に出た婦女子童子向けの説話集。一寸法師、浦島太郎などがのる)にある。
    ■ 山の神は女性でとても醜かったので「やまのかみ」となった。その山の神がオニオコゼのような醜い魚を好み、祀る風習がある。
    ■ 鈴鹿ではとれると生きたままのものを山の神に供える。
    ■ 百日咳を治すために兵庫県姫路市荒神社に「オコゼの絵馬」を奉納。群馬県、愛知県でもみられる。
    参考文献・協力
    協力/日美丸(広島県倉橋島)、明石浦漁業協同組合(兵庫県明石市)
    『日本産魚類検索 全種の同定 第二版』(中坊徹次編 東海大学出版会)、『魚の文化史』(矢野憲一 講談社)、『新釈魚名考』(榮川省造 青銅企画出版)、『日本の海水魚』(岡村収、尼岡邦夫編・監修 山と渓谷社)、『島根のさかな』(島根県水産試験場 山陰中央新報社)、『魚類学 下』(落合明、田中克 恒星社厚生閣)、『さかな異名抄』(内田恵太郎 朝日文庫)
    地方名・市場名 [?]
    イオコゼ
    参考文献 場所兵庫県明石 
    ツチオコゼ
    参考『紀州魚譜』(宇井縫蔵 淀屋書店 1929) 場所和歌山県田辺 
    クロオコゼ
    備考体色が黒い固体。 参考『さかな異名抄』(内田恵太郎 朝日新聞社 1966) 場所岡山県 
    オコウジン
    参考文献 場所広島県福山市沼隈町 
    オコジョ
    参考文献 場所新潟県 
    オクシ
    参考文献 場所有明海 
    アカオコゼ
    参考文献 場所東京 
    オニオコゼ
    参考文献 場所東京、神奈川県三崎江ノ島、新潟県寺泊 
    シラオコゼ
    備考体色が白い固体。 参考『さかな異名抄』(内田恵太郎 朝日新聞社 1966) 場所神奈川県小田原市 
    オクジ
    参考文献 場所秋田県男鹿 
    オクズ
    参考文献 場所秋田県象潟 
    オコジ
    参考文献 場所青森県、三重県鳥羽 
    ボウチョウカサゴ
    参考文献 場所静岡県静浦 
    ヤマノカミ
    備考一般的に。 参考文献 場所愛媛県川之江 
    オコゼ
    場所一般的に。山形県酒田市由良漁港 
    イジャジャミ
    参考『さかな異名抄』(内田恵太郎 朝日新聞社 1966) 場所兵庫県淡路 
  • 主食材として「オニオコゼ」を使用したレシピ一覧

関連コンテンツ