メジナ(英名/Greeenfish, Nibbler, Rudderfish,Largescale blackfish)

Scientific Name / Girella punctata Gray, 1835

メジナの形態写真

体長40cmを超える。背鰭から吻にかけてなだらかな曲線を描く。鰓蓋下の部分には鱗がない。唇は薄く、歯が突出しない。背は黒いか青みがかった黒、腹は白いものの斑紋はない。鰓蓋の後縁は黒くないか、うっすらと黒い。尾柄部はクロメジナと比べると幅がある。

  • 魚貝の物知り度 食べ物としての重要度 味の評価度

    ★★★

    知っていたら通人級

    ★★

    地域的、嗜好品的なもの

    ★★★★

    非常に美味
    分類
    顎口上綱硬骨魚類条鰭亜綱新鰭区刺鰭上目スズキ系スズキ目スズキ亜目メジナ科メジナ属
    外国名
    英名/Greeenfish, Nibbler, Rudderfish,Largescale blackfish
    学名
    Girella punctata Gray, 1835
    漢字・学名由来
    漢字 目近魚、眼仁奈、目品 Mejina、Mezina。
    由来・語源 メヂナとも。『紀州魚譜』(宇井縫蔵 淀屋書店 1929)
    ■ 東京周辺での呼び名。『図説有用魚類千種 正続』(田中茂穂・阿部宗明 森北出版 1955年、1957年)
    ■ 目が吻(口)に近いことから。
    地方名・市場名 地方名・市場名は長いため下部に移動しました。クリックでジャンプします。
    生息域
    海水魚。浅い岩礁域。
    少ないが北海道日本海側〜東北、新潟県〜九州南岸の日本海・東シナ海沿岸、茨城県〜九州南岸の太平洋沿岸、瀬戸内海。希に琉球列島。朝鮮半島南岸、済州島、台湾、福建省、希に香港。
    生態
    産卵期は2月から8月。
    雑食性。寒期は海藻などを食べる。
    稚魚、仔魚、成魚は周年磯回りで見られる。
    基本情報
    暖かい地域の磯などに普通で、日本海では海が荒れるとまとまって定置網などに入る。
    食用魚としては比較的ローカルな存在で、夏など磯臭さがあるので流通しても安いもの。
    鮮度がよければ味のいい魚で、各地で刺身、長崎県などでは醤油味で鍋になる。
    食用魚としては地味な存在だが、釣魚として非常に人気が高い。
    釣り竿などに本種の地方名である「グレ」の名を冠したものすらある。
    水産基本情報
    市場での評価 冬期など日本海側からときにまとまって入荷してくる。値段は安い。活魚もあるがそれほど高くはならない。
    漁法 定置網、釣り
    主な産地 石川県、島根県など日本海西部
    選び方
    見た目では鮮度がわかりづらい。黒くて色あせしていないもの。鰓が鮮紅色のもの。
    味わい
    旬は相模湾などでは秋〜春。生殖巣が膨らんでも味が落ちないので、産卵前の春に脂がのる。日本海では時期がずれると思うがまだ調べているところ。
    温かい時期にはときに磯臭い個体がある。
    鱗はやや硬く取りにくい。皮は厚くしっかりしている。引きやすい。骨はあまり硬くない。
    透明感のある白身で血合いが赤く美しい。熱を通してもあまり硬く締まらない。
    白子、卵巣は非常に美味。
    栄養
    寄生虫
    食べ方・料理法・作り方
    メジナの料理法/生食(焼き霜造り、刺身、カルパッチョ、セビチェ)、煮つけ(しょうゆ煮、塩煮、鍋)、焼く(塩焼き)、汁(塩味、しょうゆ味、みそ汁)、ソテー(ゴマ油、オリーブオイル、バター)、唐揚げ

    メジナの刺身 春、生殖巣が膨らんで、脂の豊かな固体の刺身。水洗いして三枚に下ろすために包丁を入れると重く感じるくらいに脂が強い。やや大型なので背と腹に分けて刺身にして食べ比べたが味わいはあまり違わない。血合いがきれいで口に含むと脂が溶ける感じがいい。実にうまい。

    メジナの焼き切り(焼霜造り) 小振りのものでも皮目を生かすと生で美味しく食べられる。三枚に下ろして、皮目をあぶって、冷水に落とすか、急速冷凍庫に入れて粗熱を取る。皮目が落ち着いたら刺身に切る。皮目の香りと皮下のうま味と甘味、非常に味わい深い。

    メジナのセビチェ ラテンアメリカの料理でメジナの身を細かく切り、ライム(レモンでもなんでもいい)と塩で締める。ここに辛い唐辛子と紫玉ねぎを合わせて少し寝かる。ここにトマトやセロリなどを加えてもいい。爽やかな味である。テキーラなどスピリッツに合う。

    メジナの塩焼き 旬の大振りを切り身にして振り塩をして1時間以上寝かす。これをじっくり焼き上げる。上質の白身で焼いてあまり硬くならず、端を入れると肉汁が出てくる。とても味がいい。ただし固体によっては磯臭さが出るものがある。
    メジナの真子の塩焼き 真子・白子ともに味がいい。真子は煮てもいいが、振り塩をして少し寝かせて、じっくりと焼き上げる。少し干すと長持ちする。独特の風味があって、香りが高い。ご飯に合う。
    メジナの煮つけ 小振りのものは丸のまま、大きなものは切り身にして普通にしょうゆ味で煮つけるととてもおいしい。水洗いして、湯通しして冷水に落として残った鱗やぬめりを流す。これを酒・しょうゆ・水で煮る。砂糖、みりんで甘味を加えてもいい。煮てもあまり硬くならずとてもおいしい。ご飯にも合う。また煮汁で食べる素麺もうまい。

    メジナのまーす煮 沖縄の郷土料理「まーす煮」は少量の塩水で魚を煮上げるというもの。クセのある磯魚などにも向いている。脇焼きの豆腐が主役以上に味わい深いことが多々ある。これにコーレーグス(島唐辛子の泡盛漬け)をかけて食べる。
    メジナの白子の湯豆腐風 鮮度のいい白子が手に入ったら、昆布だしに酒・塩でことこと温めながら食べる。メジナの白子はまったくクセがなく柔らかい。口に入れるとふんわりととける。フグやマダラに負けない味だと思う。

    メジナの魚汁(みそ汁) 沖縄では魚でみそ汁、そしてそれが主菜ということが普通である。メジナもいいだしが出る上に、煮ても硬くならないので汁にすると実にうまい。しょうゆ仕立て、塩仕立てもいい。
    メジナの芝煮 比較的薄味でにたものを昆布だしに塩、酒だけで味つけした汁。本来はエビや小魚の料理だが、鮮度のいい上質の白身を薄味で煮たものにこの料理名を使ってもいいのではないかと思う。
    メジナの潮汁 あらを集めるか、小振りならぶつ切りにするといい。胃袋、生殖巣、肝なども一緒に入れるとまた味わい深い。一度湯通しして冷水に落として、残った鱗やぬめりを流す。これを昆布だし(水でもいい)で煮だして、酒・塩で味つけしたもの。コショウが合う。
    メジナのポワレ 皮つきの切り身に塩コショウ、少し置き、皮目からじっくりソテーしたもの。皮目は実に香ばしく、身は軟らかいというところによさがある。ソースは白ワインを使った。
    メジナのごま油焼き 小麦粉をまぶしてごま油でソテーしたもの。表面がごま油の風味もあってとても香ばしく、磯臭さも感じないためにとても食べやすい。
    好んで食べる地域・名物料理
    炒り焼き 長崎県。メジナのすき焼きといったもの。メジナを野菜などと一緒にすき焼き風の鍋にする。
    黒鯛の塩焼き 大阪府泉南で正月に食べる。これは暮れにまとまってとれたものを樽などに入れて塩漬けにしたもの。
    グレの焼き切れ(やきぎれ) 三枚に下ろして皮付きの皮目をあぶって刺身状に切ったもの。わさびじょうゆで食べる。[高知県室戸市三津/イセエビ漁師夫婦 20171113-14]

    焼き切り(やきぎり)●三枚に下ろして皮目をあぶり、刺身状に切り、手に塩をまぶして叩く。次ぎに柚子酢をてにつけてたたき、玉ねぎのスライスをのせる。ハス(イシダイ)、コウロ(イシガキダイ)、グレ(メジナ)、ヒラソウダ、カツオなど。[徳島県海部郡海陽町宍喰]

    ぐれの焼切りグレの焼切り(グレのたたき) 水洗いして三枚に下ろす。腹骨をすき、大型のものは血合い骨の部分を切る。小型は血合い骨を抜く。皮目をあぶって、熱いうちにまな板などの上で刺身状に切る。これをわさびしょうゆでも、しょうがでも、にんにくで食べてもうまい。[日本各地]

    グレの水たきグレの水たき グレを適宜に切り、野菜や豆腐と水(昆布だしかも)で煮ながら食べる鍋もの。寒い時季のグレ(メジナ)は煮てふっくらとして豊潤、甘味があり、しかもいいだしが出る。[高知県室戸市三津/イセエビ漁師夫婦 20171113-14]
    クロダコの刺身(グレの刺身、クロの刺身) 刺身をからし酢みそで食べる。日南市でもわさびしょうゆで食べる地域とこのように酢みそで食べる地域に分かれるようだ。この酢みその味がいい。[鵜戸民宿ドライブイン 宮崎県日南市]
    加工品・名産品

    ぐれ開き干しぐれ開き干し メジナの成魚を開いて干したもの。微かに磯臭さがあるが、身質がよく美味しい。[浜宮海産 徳島県海部郡由岐町]
    釣り情報
    ■ 手頃な防波堤(波止)から簡単に釣れる。ただ大物は離れ磯や、沖堤防まで出かけないと釣れない。餌は冬はハバノリや海草類、周年を通してオキアミ。浮き釣りが定番。
    ■ 静岡県ではミカンをエサに釣る。これを「ミカンクシロ」とも言う。
    歴史・ことわざ・雑学など
    ■ 海が荒れるととれる魚と言われてる。そして荒天時に入荷が多い。[島根県松江市]
    ■ 磯釣りの代表的な対象魚。
    ■ 伊豆半島、伊豆諸島では「寒クシロ」を刺身で、九州南方面ではみそ煮にする。味噌椀にワケギ、白焼きにして煮つけても美味。
    ■ 伊豆では「三月クシロ」という言葉があるくらい、この時期のメジナを珍重する。
    ■ 黒鯛の塩焼き/大阪府泉佐野市では正月の膳に一匹ずつ黒鯛(メジナ)の塩焼きをつける。残りを仕事始めの弁当にも使う。
    ■ 「古くから魚屋が樽で塩漬けしたグレを12月25日より販売、今でも売る。ただし、泉州でも正月の祝い鯛は様々で、例えば貝塚市では甘鯛、堺市では焼き真鯛を用いる。」[大阪府泉佐野市]
    ■ 伊長崎県対馬厳原町豆酸の多久頭魂神社の赤米神事で「クロイオ(メジナ)」を神事に使う。
    参考文献・協力
    協力/並木屋さん(神奈川県)、長尾桂一郎さん(徳島県海部郡海陽町宍喰)、鵜戸民宿ドライブイン(宮崎県日南市)
    『日本産魚類検索 全種の同定 第二版』(中坊徹次編 東海大学出版会)、『新釈魚名考』(榮川省造 青銅企画出版)、『さかな異名抄』(内田恵太郎 朝日文庫)、『島根のさかな』(島根県水産試験場 山陰中央新報社)、『魚と貝の事典』望月賢二 柏書房)、『食の万葉集』(廣野卓 中央公論社)、『新釣百科』(1966 佐藤垢石・松崎明治 大泉書店)、『魚河岸の魚』(高久久 日刊食料新聞社)、『南大阪の伝統食』(小林宏編著 大阪公立大学協同出版会)
    地方名・市場名 [?]
    シシビ
    備考水族志 参考『紀州魚譜』(宇井縫蔵 淀屋書店 1929) 場所三重県・和歌山県熊野 
    ヒス
    参考林一兵衛さん 場所三重県志摩市大王町 
    グレイ
    参考『紀州魚譜』(宇井縫蔵 淀屋書店 1929) 場所和歌山県加太 
    ポン
    参考『紀州魚譜』(宇井縫蔵 淀屋書店 1929) 場所和歌山県湯浅 
    クロダイ
    サイズ / 時期大型魚 参考『紀州魚譜』(宇井縫蔵 淀屋書店 1929) 場所和歌山県田辺 
    メジナ
    参考『図説有用魚類千種 正続』(田中茂穂・阿部宗明 森北出版 1955年、1957年) 場所東京都 
    クシロ
    参考『図説有用魚類千種 正続』(田中茂穂・阿部宗明 森北出版 1955年、1957年) 場所静岡県沼津市静浦 
    マメギリ
    参考『図説有用魚類千種 正続』(田中茂穂・阿部宗明 森北出版 1955年、1957年) 場所高知県柏島 
    キツウオ
    サイズ / 時期幼魚 参考『図説有用魚類千種 正続』(田中茂穂・阿部宗明 森北出版 1955年、1957年) 場所高知県柏島 
    ノリクシロ
    場所静岡県沼津市 
    グレ
    場所三重県津市、和歌山県みなべ町、徳島県徳島県阿南市椿泊『椿泊漁業協同組合』、海部郡海陽町『宍喰漁業協同組合』、高知県室戸市三津、山口県下関市 
    クレ クロ
    場所九州 
    クロ
    場所佐賀県唐津市 
    クロイオ
    参考福畑敏光さん 場所三重県・和歌山県熊野、島根県、長崎県平戸市度島 
    クロダコ
    場所宮崎県日南市宮浦 
    クロバン
    場所石川県珠洲市 
    クロヤ
    場所山口県長門市仙崎 
    タカウオ
    場所高知県宿毛市田ノ浦すくも湾漁協 
    チカイ チカイダイ
    場所石川県七尾市 
    ツカヤ
    場所京都府舞鶴市舞鶴魚市場 
    ナベワリ[鍋割]
    場所山形県酒田市酒田漁港 
    フナ
    場所広島県広島中央市場 
    サケノイオノツカエダイ サケノツカエダイ ツカエダイ ツカエ ツカヤ チカイ
    備考サケのくる秋水温が下がりはじめてからよく釣れるので。 場所山陰北部、北陸 
    クロヤ オキクロヤ クロアイ クロアヤ クロワイ クロエ クロエイ クロチン クロバン クロベ ブレ アオイオ クマダイ シシビ サカズキイボ マギリメ タカイオ タコ
    参考文献より。 
  • 主食材として「メジナ」を使用したレシピ一覧

関連コンテンツ