ホロヌメリ(Virgin dragonet 絲鰭斜棘䲗、老鼠、狗圻)

Scientific Name / Repomucenus virgis (Jordan & Fowler, 1903)

ホロヌメリの形態写真

6cm SL 前後になる。前鰓蓋骨棘は内側に曲がり突起(とげ)は大きく数本。第1背鰭は非常に大きく軟条は糸状に伸びる。第2背鰭に目だった斑紋はない。[茨城県産]
ホロヌメリの生物写真一覧 (クリックで上に拡大表示)
6cm SL 前後になる。前鰓蓋骨棘は内側に曲がり突起(とげ)は大きく数本。第1背鰭は非常に大きく軟条は糸状に伸びる。第2背鰭に目だった斑紋はない。[茨城県産]前鰓蓋骨棘は内側に曲がり突起(とげ)は大きく数本。[茨城県産]第2背鰭に目だった斑紋はない。[茨城県産]
  • 魚貝の物知り度 食べ物としての重要度 味の評価度

    ★★★★★

    知っていたら学者級

    食用として認知されていない

    ★★★

    美味
    分類
    硬骨魚綱条鰭亜綱新鰭区棘鰭上目スズキ系スズキ目ネズッポ亜目ネズッポ科ネズッポ属
    外国名
    Virgin dragonet 絲鰭斜棘䲗、老鼠、狗圻
    学名
    Repomucenus virgis (Jordan & Fowler, 1903)
    漢字・学名由来
    漢字/母衣滑 Horonumeri
    由来・語源/漢字は想像でしかない。第1背鰭が大きく母衣武者の「母衣」のようだからだろう。『日本産魚類検索』(岡田彌一郎、松原喜代松 三省堂 初版1936、第二版1943)
    地方名・市場名 [?]
    生息域
    海水魚。水深40-100mの砂泥地。
    青森県日本海沿岸、新潟県柏崎、若狭湾〜長崎県の日本海沿岸、福島県小名浜〜豊後水道の太平洋沿岸、東シナ海大陸棚域。
    朝鮮半島南岸、済州島、台湾、浙江省。
    生態
    基本情報
    小型種で底曳き網などに混ざるもので食用魚として認知されていない。
    水産基本情報
    市場での評価/流通しない。
    漁法/底曳き網
    産地/茨城県
    選び方
    ヌメリが白濁していないもの。触って張りのあるもの。
    味わい
    旬は不明。
    非常に小型なので料理法は限られる。鱗はなく皮などに臭みは感じられない。
    白身で熱を通しても硬く締まらない。
    栄養
    寄生虫
    食べ方・料理法・作り方
    ホロヌメリの料理法・調理法・食べ方/揚げる(唐揚げ)

    ホロヌメリの唐揚げ あまりにも小型なので煮るか、揚げるかではないか? ただ底曳き網の混獲物なのでまとまらない。揚げるが無難。しかも衣をつけても意味のないサイズなので、唐揚げに。頭部を切り落とし内臓を出し水分をよくきる。片栗粉をまぶしじっくりと揚げる。クセのない白身で香ばしくておいしい。
    好んで食べる地域・名物料理
    加工品・名産品
    釣り情報
    歴史・ことわざ・雑学など
    参考文献・協力
    協力/マルコウ水産(八王子総合卸売組合)
    『日本産魚類検索 全種の同定 第三版』(中坊徹次編 東海大学出版会)
  • 主食材として「ホロヌメリ」を使用したレシピ一覧

関連コンテンツ