フトモズク

Scientific Name / Tinocladia crassa (Suringar) Kylin 1940

代表的な呼び名モズク

フトモズクの形態写真

長さ30cm前後になる。ヒモ状で不規則に分枝する。
フトモズクの生物写真一覧 (クリックで上に拡大表示)
長さ30cm前後になる。ヒモ状で不規則に分枝する。長さ30cm前後になる。ヒモ状で不規則に分枝する。長さ30cm前後になる。ヒモ状で不規則に分枝する。
  • 物知り度 食べ物としての重要度 味の評価度

    ★★★★

    知っていたら達人級

    ★★

    地域的、嗜好品的なもの

    ★★★★

    非常に美味
    分類
    植物界褐藻植物門褐藻綱ナガマツモ目ナガマツモ科フトモズク属
    外国名
    学名
    Tinocladia crassa (Suringar) Kylin 1940
    漢字・学名由来
    漢字 太水雲、太海蘊
    由来・語源 太くなるモズクの意味。
    本来モズクの仲間ではないが、モズクに似た形なので。
    地方名・市場名 [?]
    スノリ ソウメン
    生息域
    海水生。太平洋岸、瀬戸内海、九州、日本海沿岸中部〜南部、南西諸島。朝鮮半島。
    潮間帯下部。
    生態
    基本情報
    四国や瀬戸内海沿岸で見かけることが多いと思われる。
    産地では味のいいモズクとして人気が高い。
    水産基本情報
    市場での評価 初夏などに入荷してくる。量的には少なく、やや高値となる。
    漁法 採取
    産地 愛媛県など
    選び方
    ヒモ状の藻体のシッカリしているもの。黒緑の濃いもの。
    味わい
    旬は春から初夏。
    太く、滑りがあり、やや食感が硬い。
    旨み、甘みがあり、海藻の風味が高い。
    栄養
    寄生虫
    食べ方・料理法・作り方
    湯通し(酢の物)、汁(みそ汁)
    フトモズクの湯通し湯通し 熱湯に通して食べやすい大きさに切ったもの。しょうゆ、柑橘類と食べたり、ポン酢をかけたりして食べる。ほどよいねばりが出て、海藻らしいうまさも豊かだ。
    好んで食べる地域・名物料理
    加工品・名産品
    釣り情報
    歴史・ことわざ・雑学など
    参考文献・協力
    アドバイス・同定/川井浩史先生(神戸大学)
    『標準原色図鑑 海藻』(千原光雄 保育社)
  • 主食材として「フトモズク」を使用したレシピ一覧

関連コンテンツ